男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

裏切り者(2000)

  • うらぎりもの
  • The Yards
  • The Yards

amazon


  • 平均評点

    61.3点(91人)

  • 観たひと

    138

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル 社会派 / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2000
公開年月日 2001/11/23
上映時間 115分
製作会社 ミラマックス・フィルムズ=インダストリー・エンタテインメント
配給 アスミック・エース(アスミック・エース エンタテインメント=角川書店 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

実際に起こった汚職事件をベースにしつつ、裏社会のファミリーを描く社会派サスペンス。監督・脚本は「リトル・オデッサ」のジェームズ・グレイ。撮影は「小説家を見つけたら」のハリス・サヴィデス。音楽は「エスター・カーン/めざめの時」のハワード・ショア。出演は「ロック・スター」のマーク・ウォルバーグ、「スウィート・ノベンバー」のシャーリーズ・セロン、「クイルズ」のホアキン・フェニックス、「誘拐犯」のジェームズ・カーン、「トーマス・クラウン・アフェアー」のフェイ・ダナウェイ、「レクイエム・フォー・ドリーム」のエレン・バースティン、「コヨーテ・アグリー」のヴィクター・アーゴ、「マイ・スウィート・ガイズ」のスティーヴ・ローレンス、「救命士」のアンドリュー・ダヴォリ、「ディープエンド・オブ・オーシャン」のトニー・ムサンテ、「アミスタッド」のトーマス・ミリアンほか。2001年ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演男優賞、同年放送映画批評家協会助演男優賞受賞。

あらすじ

NY。仲間をかばって服役していたレオ(マーク・ウォルバーグ)が、ついに出所の日を迎えた。家族の元に戻った彼はまっとうな人生を望むが、病弱な母ヴァル(エレン・バースティン)の妹キティ(フェイ・ダナウェイ)の再婚相手フランク(ジェームズ・カーン)経営のエレクトリック・レール社で働く悪友ウィリー(ホアキン・フェニックス)に殺人容疑の濡れ衣を着せられ、逃亡生活を余儀なくされる。フランクが事件の真相を知った時、下手に動けば彼が絡んでいる汚職が明るみに出るという事態になっていた。フランクはレオを始末しようとする。しかしレオは、フランクのライバル会社であるウェルテック社のヘクトル(ロベルト・モンタノ)と話をつけ、フランクの汚職をバラして潰す側に回っていた。聴聞会の日、レオはフランクたちと話をつけ、無実を証明される。一方、動揺していたウィリーは、恋人であるキティの娘のエリカ(シャーリーズ・セロン)と家でもみ合って、彼女を転落死させてしまう。そしてレオは、面倒をみてやるというヘクトルを無視し、彼らの汚職の実態をすべて公にするという裏社会への裏切りを行い、真に更正しようと誓うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年1月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:裏切り者

2001年12月上旬号

特集 「裏切り者」:ジェームズ・グレイ監督 インタビュー

特集 「裏切り者」:監督論

特集 「裏切り者」:マーク・ウォルバーグ インタビュー

特集 「裏切り者」:シャーリーズ・セロン インタビュー

特集 「裏切り者」:ホアキン・フェニックス インタビュー

特集 「裏切り者」:ジェームズ・カーン インタビュー

特集 「裏切り者」:作品評