男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

リトル・ダンサー

  • りとるだんさー
  • Billy Elliot
  • Billy Elliot
  • 平均評点

    82.6点(565人)

  • 観たひと

    976

  • 観たいひと

    118

  • レビューの数

    74

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2000
公開年月日 2001/1/27
上映時間 111分
製作会社 タイガー・アスペクト・ピクチャーズ=WT2
配給 日本ヘラルド映画(アミューズピクチャーズ=テレビ東京=博報堂=日本ヘラルド映画提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

バレエ・ダンサー志願の少年の成長を描く感動作。監督は演劇界で活躍するスティーヴン・ダルドリー。脚本はリー・ホール。撮影は「チューブ・テイルズ」のブライアン・トゥファーノ。美術は「スライディング・ドア」のマリア・ジュルコヴィック。衣裳は「ベント 堕ちた饗宴」のステュワート・ミーチェム。出演はオーディションで選ばれたジェイミー・ベル、「ステッピング・アウト」のジュリー・ウォルターズ、「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のゲアリー・ルイス、「エブリバディ・ラブズ・サンシャイン」のジェイミー・ドラヴェンほか。特別出演に世界的トップ・ダンサーのアダム・クーパー。

あらすじ

1984年、ストライキに揺れるイングランド北部の炭坑町。母親を亡くし、父(ゲアリー・ルイス)も兄のトニー(ジェイミー・ドラヴェン)も炭坑労働者のビリー(ジェイミー・ベル)は、ボクシング教室に通っているが、試合に負けてばかりの11歳。そんな時、偶然目にしたウィルキンソン夫人(ジュリー・ウォルターズ)のバレエ教室に強く惹かれ、女の子たちに混じって練習するうちに夢中になっていく。ウィルキンソン先生はどんどん上達するビリーに自分が果たせなかった夢を重ね合わせ、熱心に彼を教える。しかし、家族の金をバレエに使っていたことがバレてしまい、父は激怒。ビリーは悔しさをぶつけるように、一人で踊っていた。だが、ストライキが長引き町中が暗く沈んでいるクリスマスの夜、親友マイケル(ステュアート・ウェルズ)の前で踊るビリーの姿を見て、息子の素晴らしい才能に初めて気づいた父は、彼をロンドンの名門、ロイヤル・バレエ学校に入学させる費用を稼ぐため、スト破りを決意する。それは仲間たちへの裏切り行為であった。だがスト破りの労働者を乗せたバスの中に父を見つけたトニーが、バスを追いかけて必死に止め、父は泣き崩れる。その事情を知った仲間たちがカンパしてくれ、ビリーは学校に行くことができた。15年後。バレエ・ダンサーになったビリー(アダム・クーパー)は、父と兄とマイケルが客席にいるウエスト・エンドの劇場の舞台で、スポットライトに包まれながら堂々と踊るのであった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年3月上旬号

劇場公開映画批評:リトル・ダンサー

外国映画紹介:リトル・ダンサー

2001年2月上旬号

作品特集 「リトル・ダンサー」:スティーヴン・ダルドリー監督 インタビュー

作品特集 「リトル・ダンサー」:作品評

作品特集 「リトル・ダンサー」:アダム・クーパーとAMP

作品特集 「リトル・ダンサー」:バレエ・ダンサー、森田健太郎が語る「リトル・ダンサー」

作品特集 「リトル・ダンサー」:ミュージカル映画に微風

作品特集 「リトル・ダンサー」:作品評

作品特集 「リトル・ダンサー」:イギリスでの「リトル・ダンサー」

作品特集 「リトル・ダンサー」:「リトル・ダンサー」の時代

2001年1月下旬新世紀特別号

新作紹介:リトル・ダンサー