男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サイダーハウス・ルール

  • さいだーはうするーる
  • The Cider House Rules
  • The Cider House Rules

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    77.2点(314人)

  • 観たひと

    580

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    29

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2000/7/1
上映時間 126分
製作会社 フィルム・コロニー作品(ミラマックス・フィルムズ提供)
配給 アスミック・エース エンタテインメント配給(アスミック・エース エンタテインメント=テレビ東京=角川書店提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

孤児院で育った青年の成長を描くヒューマンドラマ。監督は「愛に迷った時」のラッセ・ハルストレム。原作はジョン・アーヴィングの同名小説(文春文庫刊)で、脚本も本人が担当。撮影は「私の愛情の対象」のオリヴァー・ステイプルトン。音楽は「カーラの結婚宣言」のレイチェル・ポートマン。出演は「カラー・オブ・ハート」のトビー・マグァイア、「リトル・ヴォイス」のマイケル・ケイン、「レインディア・ゲーム」のシャーリーズ・セロン、「ロミオ・マスト・ダイ」のデルロイ・リンドほか。

あらすじ

メイン州ニューイングランド。ホーマー(トビー・マグァイア)はセント・クラウズの孤児院で生まれ育った。親代わりのラーチ院長(マイケル・ケイン)の仕事である助産と当時は禁止されていた堕胎の仕事を手伝う彼だが、やがて自身の将来に不安を抱き始める。ある日、ホーマーは手術に訪れた若い女性キャンディ(シャーリーズ・セロン)とその恋人の軍人ウォリー(ポール・ラッド)と共に孤児院を飛び出した。彼はウォリーの誘いで彼の母親オリーヴが経営するリンゴ園で働き、収穫人たちの宿舎サイダーハウスで暮らし始めた。収穫作業のボス、ミスター・ローズ(デルロイ・リンド)は様々なルールをホーマーに教えた。リンゴ園での生活にも慣れた頃、ウォリーは再び戦地へ戻り、キャンディは寂しさを紛らわせるためにウォリーを遊びに連れ出す。キャンディは純粋なホーマーに好意を抱き、ホーマーもまた彼女に初めての恋をし、ふたりは結ばれた。こうして1年が過ぎ、カリフォルニアに移動していたミスター・ローズらが戻ってきたが、彼の娘ローズ・ローズ(エリカ・バドゥ)は妊娠していた。ホーマーは彼女に力を貸してやると励ます。そんな折り、ウォリーが戦地から帰還するという知らせが入る。かくしてホーマーは新たな人生において重要な決断を迫られるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年8月下旬夏の特大号

外国映画紹介:サイダーハウス・ルール

2000年8月上旬号

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:ジャン・ベッケル インタビュー

劇場公開映画批評:サイダーハウス・ルール

2000年7月上旬夏の特別号

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:ラッセ・ハルストレム監督 インタビュー

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:ハルストレム・フィルモグラフィと特集上映ガイド

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:ジョン・アーヴィング インタビュー

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:スクリーンに映し出されたアーヴィングの魅力

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:“男のおばさん”映画の系譜

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:トビー・マグワイア インタビュー

作家研究 ラッセ・ハルストレムとジョン・アーヴィングの仕事 サイダーハウス・ルール:グラビア