男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クッキー・フォーチュン

  • くっきーふぉーちゅん
  • Cookie's Fortune
  • Cookie's Fortune

amazon


  • 平均評点

    66.6点(45人)

  • 観たひと

    111

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2000/2/19
上映時間 118分
製作会社 サンドキャッスル5=エリシアン・ドリームス作品
配給 K2エンタテインメント配給(東京テアトル=テレビ東京=FCC=K2提供
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

田舎町の複雑な人間関係をシニカルなタッチで描く群像喜劇。監督は「相続人」のロバート・アルトマン。脚本は本作がデビューのアン・ラップ。撮影は「アフターグロウ」の栗田豊通。音楽は「クライムタイム」のデイヴ・スチュワート。美術は「相続人」のスティーヴン・アルトマン。衣裳は「グロリア」のドナ・グラナダ。出演は「エアフォース・ワン」のグレン・クローズ、「アルマゲドン」のリヴ・タイラー、「SAFE」のジュリアン・ムーア、「ハッド」のパトリシア・ニールほか。

あらすじ

クッキー(パトリシア・ニール)は一人暮らし。時々、黒人のウィリス(チャールズ・S・ダットン)が家事を手伝いに来ていた。ある日、クッキーが銃で自殺。最初に発見したのはクッキーの姪のカミール(グレン・クローズ)だったが、敬虔なキリスト教徒のカミールは「うちの人間は自殺などしない」と遺書を処理し銃を庭に捨てて他殺に見せかける。同伴した妹・コーラ(ジュリアン・ムーア)にも固く口止めし、警察を呼ぶ。小さな田舎町は大騒ぎになり、都会から町に舞い戻ったコーラの娘・エマ(リヴ・タイラー)は大好きな大叔母さんの死に悲しむ。やがてウィリスがクッキー殺しの犯人として逮捕され、彼をかばうエマは警察署に泊り込み。夜はボーイフレンドの保安官・ジェイソン(クリス・オドネル)と逢い引きしていた。強欲なカミールはクッキーの家を相続したと大喜びし、いいなりのコーラとクッキーの家に潜り込む。やがて、カミールが銃を捨てたところを目撃していた少年の発言で、一転してカミールに容疑がかかる。コーラはクッキーが自殺だったことを告白するが、うるさいカミールにうんざりしていたコーラは証言してくれない。そのうえ、相続できるはずだったクッキーの財産はウィリスに。ウィリスはなんと、クッキーの親戚だったのだ。絶望したカミールは留置所で自殺。平和になった町では、ウィリスと釣り仲間、そしてエマがのんびりと釣りをするのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年4月上旬春の特別号

劇場公開映画批評:クッキー・フォーチュン

2000年2月下旬決算特別号

COMING SOON:クッキー・フォーチュン

2000年2月上旬号

企画特集 King of Indies 3人の巨匠たち:「クッキー・フォーチュン」ロバート・アルトマン作品論

企画特集 King of Indies 3人の巨匠たち:「クッキー・フォーチュン」作品評