男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラヴソング

  • らぶそんぐ
  • 甜蜜蜜/Comrades, Almost a Love Story
  • Comrades, Almost a Love Story

amazon


  • 平均評点

    80.4点(56人)

  • 観たひと

    99

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 香港
製作年 1996
公開年月日 1998/2/7
上映時間 118分
製作会社 電影人有限製作公司(UFO)作品
配給 BMGジャパン=ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

偶然に出会ったふたりの男女がそれぞれの夢を叶えるために別々の道を行き、再び出会うまでの10年間を、香港とニューヨークの雑踏の中に描き出すラヴ・ストーリー。監督・製作は「君さえいれば 金枝玉葉」のピーター・チャン。撮影は「レッド・ブロンクス」のジングル・マー。音楽は「君さえいれば 金枝玉葉」のチウ・ツァンヘイ。出演は「イルマ・ヴェップ」のマギー・チャン、「天使の涙」のレオン・ライ、「君さえいれば」のエリック・ツァン、「ブエノスアイレス」など香港の名キャメラマンとして鳴らすクリトファー・ドイルほか。97年香港金像奨グランプリほか、監督・脚本・主演女優(マギー・チャン)・助演男優(エリック・ツァン)・撮影(ジングル・マー)・美術指導(イー・チュンマン)・衣裳デザイン・映画音楽賞(チウ・ツァンヘイ)と、各賞を独占。

あらすじ

86年春。天津から電車で香港にやってきたシウクワン(レオン・ライ)の夢は、金を貯め、残してきた恋人のシャオティン(クリスティ・ヤン)を呼び寄せて結婚することだ。広東語すら理解できなかったシウクワンだが、叔母の家に世話になりながら働くうち、次第に香港の生活にも慣れてきた。ある日、生まれて初めてマクドナルドに行ったシウクワンはアルバイトのレイキウ(マギー・チャン)と出会い、必ず仕事のプラスになると英会話学校を紹介される。彼女は故郷の母に家を建ててやるためさまざまなアルバイトをしていて、そこでも紹介料を稼いでいたのだ。年末、苦労して貯めたお金でレイキウはシウクワンと共にテレサ・テンのカセットを売る露店を構える。しかし大陸出身だと知られたくないため誰もカセットを買わない。香港人を気取る彼女も実は広州出身で、テレサ・テンという絆を見いだしたふたりはその晩はじめて夜を共にする。ホテルの同じ一室で会い続けるうち、故郷の恋人との間でシウクワンの心は揺れる。翌年秋、株が暴落してレイキウは貯金のほとんどを失い、実入りのいいマッサージ嬢の仕事を始めた。慣れない仕事に疲れている中、故郷の恋人へのブレスレットと同じものをプレゼントするシウクワンの無神経さに傷つき、レイキウは彼のもとを去る。……90年冬。店の福料理長になったシウクワンは、シャオティンと香港で結婚式を挙げた。披露宴の席で久しぶりに再会したレイキウは、マッサージの客だったヤクザのボス、パウ(エリック・ツァン)の愛人となり企業グループの社長となっていた。彼女は望み通り金持ちになって故郷に家を建てたが、その完成を待たずに母は亡くなってしまったという。ある日、ふたりが乗る車からテレサ・テンの姿が見え、シウクワンは上着の背中にサインしてもらう。彼が去ってゆく背中を見つめるうち、レイキウは抑えていた思いを再燃させ、ふたりは以前幾度も抱き合ったホテルの部屋で再び愛を交わす。シウクワンは妻に打ち明けると言い、レイキウもまたパウに別れを告げようとする。だが事件に巻き込まれて船で香港を脱出しようとしているパウを見捨てることができず、レイキウはシウクワンを波止場に残したまま、パウと共に香港を離れる。シウクワンは妻に別れを告げ、単身ニューヨークへ向かった。93年、ニューヨークにたどりつき、ようやく落ちつこうとしていたパウとレイキウだったが、パウは路上での些細ないざこざから殺されてしまう。不法滞在で強制送還される途上で、レイキウはシウクワンの姿を見つけ、護送車を飛び降りるが、ついに見失ってしまう。95年5月8日、広州へ帰国する直前のレイキウは、テレサ・テンの急死をニュースで知る。テレサの古い映像を流すテレビ画面を、街頭のショー・ウィンドー越しに見つめるレイキウ。隣にもやはり画面を見つめる人がいた。シウクワンとレイキウは、最初に出会ってから10年後、ニューヨークの街で再び出会った。……画面は再び冒頭の86年に戻る。香港に着き、あわてて電車から飛び降りるシウクワン。背中合わせの後ろの席にいたのは、レイキウだった。ふたりは背中合わせから反対方向に歩き続け、10年を経てようやく向かい合うことができたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1998年4月下旬号

劇場公開映画批評:ラヴソング

外国映画紹介:ラヴソング

1998年1月上旬新年特別号

巻頭特集 新春中華圏映画特集:「ラヴソング」作品評

1997年臨時増刊 香港電影満漢全席

新作グラビア 期待の新作群:甜蜜蜜