男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

甦れ!ウルトラマン

  • よみがえれうるとらまん
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    20.0点(1人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/3/9
上映時間 23分
製作会社 円谷プロダクション=ソニー・ピクチャーズエンタテインメント=ソニー・ミュージックエンタテインメント=電通作品
配給 松竹=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督円谷昌弘 
共同監督満田かずほ 
オリジナル監督円谷一 
脊口禎三 
鈴木俊継 
実相寺昭雄 
オリジナル特撮監督有川貞昌 
高野宏一 
製作円谷一夫 
プロデューサー鈴木清 
音楽平岩嘉信 
主題歌森の木児童合唱:(「ウルトラマンの歌」)
整音浦田和治 
編集円谷昌弘 

キャスト

出演黒部進 ハヤタ隊員
小林昭二 ムラマツ隊長
二瓶正也 イデ隊員
毒蝮三太夫 アラシ隊員
桜井浩子 フジ隊員
平田昭彦 岩本博士
ナレーション浦野光 

解説

ゼットンとの戦いに敗れたウルトラマンのその後を、テレビ時代の映像を用いて描いた再編集版。声はほぼ当時のキャスト本人によるアフレコで収録された。演出は円谷昌弘と満田[禾斉]の共同。ウルトラマン生誕30周年を記念して製作された“ウルトラマン・ワンダフルワールド”の1本。

あらすじ

宇宙恐竜ゼットンとの戦いに敗れたウルトラマンはスランプに陥っていた。ハヤタ隊員も怪獣総攻撃の予感に不安を隠せない。そんなある日、謎の円盤が飛来し、科特隊の面々はさっそく出動するが、それは立体映像による宇宙人の罠だったことが分かる。科特隊の留守に宇宙人は基地を襲った。急ぎ帰還した科特隊は宇宙人を倒すが、それを皮切りに怪獣総攻撃が開始される。日本全国で暴れる怪獣を退治するために、ハヤタはウルトラマンに変身して、分身の技を駆使しながら怪獣を倒していった。同じ頃、科特隊の基地はゼットンからの攻撃を受けていた。ウルトラマンは、宿敵ゼットンを倒すために基地へ向かうが、一度味わった敗北が脳裏に蘇って苦戦を強いられる。カラータイマーが点滅して、パワーも限界に達しようとしていたその時、イデ隊員が開発したウルトラマン用のスタミナ剤が、ウルトラマンに向けて放たれた。これによってパワーを回復したウルトラマンは見事ゼットンを倒し、スランプからも脱することができた。

関連するキネマ旬報の記事

1996年6月下旬号

日本映画紹介:蘇れ!ウルトラマン