男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

未来の想い出 Last Christmas

  • みらいのおもいでらすとくりすます
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.5点(47人)

  • 観たひと

    82

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/8/29
上映時間 118分
製作会社 光和インターナショナル=藤子・F・不二雄プロ提携
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督森田芳光 
脚本森田芳光 
原作藤子・F・不二雄 
企画藤子・F・不二雄 
製作鈴木光 
プロデューサー青木勝彦 
三沢和子 
藤田光世 
撮影前田米造 
美術今村力 
岡村匡一 
音楽監督大谷幸 
音楽加古隆 
音楽プロデューサー長崎行男 
主題歌WHAM! 
録音小野寺修 
照明矢部一男 
編集川島章正 
助監督杉山泰一 
篠原哲雄 
スチール安保隆 

キャスト

出演工藤静香 金江銀子
清水美砂 納戸遊子
デビット伊東 倉美タキオ
和泉元彌 夏木寿也
橋爪功 宇留沢等
宮川一朗太 杉田行男
うじきつよし 町田
唐沢寿明 桐波
真行寺君枝 田代フミ子
鈴木京香 シマヤマヒカル

解説

3度も人生をやり直すことになった2人の女性の恋と夢の行方を描くファンタジー。監督・脚本は「おいしい結婚」の森田芳光、撮影は「夜逃げ屋本舗」の前田米造がそれぞれ担当。

あらすじ

1981年。夢見た一流漫画家を目指す納戸遊子であったが、せっかくの力作もライバルの漫画家とアイディアが似ているせいでボツ。うだつのあがらないまま10年の歳月が流れた91年のクリスマスの夜、寂しげに銀座の街を歩く遊子は占いの卓を出している金江銀子に呼びとめられた。彼女はデザイナーの倉美に憧れるものの、結局証券マンの杉田に口説かれ結婚。退屈な日々を送り、何の目的もなく占い師のアルバイトをしていたのであった。意気投合した2人はお互いの身の上を語り合い別れるが、翌日出版社のコンペでホールイン・ワンを出した遊子は、その場に倒れ息を引き取ってしまった。そして遊子の葬儀の夜、銀子も命を落としてしまう。遊子が目をさますとそこは10年前の世界だった。遊子はこれから発表されるはずの他人の作品を先取りして出版社に持ち込み、一躍一流作家の仲間入りをする。しかし、そんな遊子の元に彼女の秘密を知る者から脅迫状が届いた。脅える遊子の前に姿を見せたのは銀子であった。彼女も10年前にリプレイしており、今度は倉美に接近。競馬、株で大儲けし、今や経営コンサルタントとして大活躍の日々を送っていたのだった。ある日地方競馬に出掛けた2人の前に青年が現れ、遊子は狂言に打ち込むその青年、夏木に運命的な出会いを感じた。そして時は流れ91年、運命の日が訪れ、2人は再び死を迎えた。三たび生まれ変わった遊子と銀子。遊子は今度は自力で連載をつかみとり、夏木の心もとらえた。一方の銀子も倉美の支えとなり、彼を成功へと導く。またもや運命の日が近づく頃、銀子の妊娠が発覚。倉美と険悪な状況になっているところに遊子が飛び込んで来た。クリスマスのためフランスから帰ってくる夏木の乗る飛行機が、その晩墜落する機だったからだ。しかし取り乱したまま空港で待つ遊子と銀子の前に夏木が無事現れ、倉美と銀子も仲直りする。翌日ゴルフコンペで遊子はまたもやホールイン・ワンを記録するが、今度は息を引き取ることもなく元気にプレーを続けるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光監督全映画 森田が語る27本 森田芳光監督 自作を語る/スタッフ&キャスト データ/作品解説:「未来の想い出 Last Christmas」

1992年9月下旬号

日本映画批評:未来の想い出

日本映画紹介:未来の想い出

1992年9月上旬号

特集 未来の想い出:撮影ルポ

特集 未来の想い出:作品評

1992年8月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):未来の想い出・ラストクリスマス