男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

死んでもいい(1992)

  • しんでもいい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.2点(74人)

  • 観たひと

    126

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/10/10
上映時間 117分
製作会社 アルゴプロジェクト=サントリー提携
配給 アルゴプロジェクト
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督石井隆 
脚本石井隆 
原作西村望 
企画協力佐々木志郎 
宮坂進 
製作伊地智啓 
プロデューサー榎本靖 
撮影佐々木原保志 
美術細石照美 
音楽安川午朗 
録音本田孜 
照明金沢正夫 
編集菅野善雄 
助監督横山浩幸 

キャスト

出演大竹しのぶ 土屋名美
永瀬正敏 平野信
室田日出男 土屋英樹
奥村公延 村上
田中忍 リエ
賀田裕子 ママ
小形雄二 馬場
清水美子 保険勧誘員
岩松了 40代のオカマ
竹中直人 30代のオカマ

解説

気ままな旅を続けていた青年が人妻にひと目惚れしたことから始まる愛憎入り交じる三角関係を描く。西村望の『火の蛾』を原作に、「天使のはらわた 赤い眩暈」の石井隆が脚本・監督を担当。撮影は「喜多郎の十五少女漂流記」の佐々木原保志。

あらすじ

初夏の大月。突然の雨の中、気ままな旅を続けていた信は名美に出会う。心魅かれるまま名美の働く地元の不動産屋を訪れた信は、社長の土屋英樹にアパートを借りたい旨を突然申し出た。名美に案内された古アパートで、信は名美が英樹の妻であることを知るが、すでに信の名美への気持ちは抗し難いまでにたかぶっていた。結局信は英樹の下で働くことになる。あるドシャ降りの夕方、帰りの遅い信を名美が探しにいくと、信は思いつめた表情でモデルルームにいた。自分を押さえ切れない信はそこで名美を犯してしまう。しかしその後、今度は名美が誘うように2人はベッドで肌を合わせた。そこに突然英樹の声が響いた。名美はベランダに身を隠し、最悪の事態だけは免れた。翌日、英樹が出かけると、信は名美に「一緒になって出よう」と誘うが、名美は手をふりほどいて英樹を迎えた。数日後の社員旅行の夜、酔い潰れた英樹が目を覚ますと名美の姿がなかった。大浴場で名美と信の姿を見つけた英樹は激怒、信をクビにしてしまう。夏、工場で働く信のもとに名美が現れ、信はついに英樹を殺害することを切り出す。後日名美の手伝う布地屋を訪れた信は「次の雨の夜に殺害を決行する」と伝えたが、英樹に見つかり名美を連れ戻されてしまう。次の雨の夜、信が本当にやってきたが、名美はドアを開けなかった。しかし、意図せずに翌晩ホテルに泊まることを教えてしまう。新宿の高層ホテル、もう一度やりなおそうと告げる英樹をバスルームで信がスパナを手に待ち構えていた。泣き叫ぶ名美の前で、信は英樹を殺害した。翌朝、めざめた名美は英樹のライターを手にする信に静かに微笑むのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年11月上旬号

日本映画批評:死んでもいい

1992年10月下旬号

日本映画紹介:死んでもいい

1992年9月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:死んでもいい

1992年9月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):死んでもいい

1992年8月上旬号

撮影現場訪問:死んでもいい