男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

今日もわれ大空にあり

  • きょうもわれおおぞらにあり
  • Tiger Flight
  • ----

amazon


  • 平均評点

    50.3点(12人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1964
公開年月日 1964/2/29
上映時間 103分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督古沢憲吾 
脚本須崎勝弥 
製作田中友幸 
撮影小泉福造 
美術北猛夫 
音楽広瀬健次郎 
録音増尾鼎 
照明高島利雄 
編集黒岩義民 
スチル吉崎松雄 

キャスト

出演三橋達也 山崎二佐
佐藤允 三上一尉
夏木陽介 小村二尉
当銀長太郎 佐々二尉
稲垣隆 風間三尉
新珠三千代 山崎かおる
酒井和歌子 山崎洋子
星由里子 有川由紀
藤田進 佐久間司令
田崎潤 白川司令
平田昭彦 瀧三佐
中丸忠雄 古川三尉
児玉清 佐藤空曹

解説

「青島要塞爆撃命令」の須崎勝弥のオリジナル・シナリオを「日本一の色男」の古沢憲吾が監督した航空映画。撮影もコンビの小泉福造。

あらすじ

航空自衛隊、浜松基地では今日も三上一尉以下、小村、風間、佐々の荒くれ者が、訓練に励んでいた。彼らの夢は、人間の乗れる最後の戦闘機F104Jジェット機のパイロットになることだ。お互いに若いのにまかせて、パイロット食堂の栄養士由紀のもとにいっては、腹ごしらえを忘れない気ままな、訓練生活をしていた。しかし新任の隊長山崎二佐が赴任してからは、隊内の雰囲気が、一変した。毎日、毎日超音速の猛訓練は、彼等にとって、かなりきついものであった。ある日、風間は山崎隊長の見守る中、機上の人となったが、どうしたことか、飛行機の操作を誤り、九死に一生を得た。風間は以後、飛行機恐怖症になった。だが、数日後風間と、同乗した山崎隊長が、「パイロットは空に上ると頼れるのは自分だけだ」と言いながら空中から飛び降りた。これを見た風間の心に、再び空への挑戦が広がった。すっかり自信を回復した風間だが、マッハの世界は厳しかった。計算の上にたった自信で支えられていた山崎隊長は、パラシュート訓練中、軽く腰を打って、F104J機の搭乗を断念した。タイガー隊のアイドル由紀は遂に小村が射とめた。タイガー隊最後の訓練の日が来た。折りしも着陸地千歳航空は暴風雨だ。が山崎二佐は、四人の隊員に「今夜の飛行に成功すれば、F104機パイロットとして成功する自信が掴める」と餞の言葉とした。見事難飛行に成功した四人に、山崎は、自分を乗り越えて、F104機を乗りこなして欲しいと、言うと、浜松へと帰った。その後四人を乗せたF104機が轟音を残して飛んだ。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「翼の凱歌」「今日もわれ大空にあり」

1964年4月下旬号

日本映画紹介:今日もわれ大空にあり

日本映画批評:今日もわれ大空にあり

1964年2月下旬決算特別号

新作グラビア:今日もわれ大空にあり