男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

どっこい生きてる

  • どっこいいきてる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.4点(33人)

  • 観たひと

    51

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1951
公開年月日 1951/7/7
上映時間 102分
製作会社 新星=前進座
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演河原崎長十郎 毛利修三
河原崎しづ江 妻さと
河原崎労作 子供雄一
町田よし子 子供民代
中村翫右衛門 花村
木村功 水野
岸旗江 水野の妻
市川笑太郎 水野の父
今村いづみ 水野の妹
寺田勝之 水野良
寺田健 水野健
飯田蝶子 秋山婆さん
中村梅之助 藤木
中村公三郎 班長野田
坂東秀弥 現場の男
瀬川菊之丞 吉田製作所主
川路夏子 妻きみ
河原崎国太郎 大家山川

解説

河原崎長十郎の主催する前進座とソビエト映画の輸入紹介をしている北星映画社とが共同で製作したもので、脚本と監督は、「また逢う日まで」の今井正が当たっている。出演者は前進座一党とそれに飯田蝶子、岸旗江、木村功などが加わっている。

あらすじ

毛利修三は自由労働者で僅かな稼ぎでようやく妻と子供二人を養っていたが、、大家から立ち退きを迫られ、妻と子供を田舎へかえし自分は木賃宿で寝泊まりすることにした。しかしようやくある町工場で旋盤工に雇われることに話がきまり、給料日までの食いしのぎの金は、親切な秋山婆さんが、戦災者寮の連中から集めてくれたが、その夜同宿の花村からすすめられた酒に寄って寝た間に誰かに盗まれてしまった。おまけに給料の前借りを頼んだことから、町工場の口もふいになった。途方にくれて、つい花村にすすめられ、鉛管切り取りの手伝いをして留置場にほうり込まれ、そこで田舎から無賃乗車で東京へ出て来ようとして留置されていた妻子と一緒になった。一緒に釈放されたが、どうする当てもなく、花村から貰った僅かな分け前を持って一日遊園地へ遊びに行き一家心中を計ろうとしたが、子供の雄一が池へはまって溺れようとしたとき毛利はやはりとび込んでこれを救わずにはいられなかった。やっぱり生命は貴いものだった。その翌日から毛利の悲壮な決意を持った顔が、再び職安の窓口へ現れるようになった。

関連するキネマ旬報の記事

1958年臨時増刊 目で見る日本映画の六十年

4・終戦から大型映画まで:最初の独立プロ映画「どっこい生きてる」

1951年8月上旬号

日本映画批評:どっこい生きてる

1951年7月上旬特別号

試冩室より:どっこい生きてる

1951年5月上旬号

日本映画紹介:どっこい生きてる