男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キクとイサム

  • きくといさむ
  • Kiku and Isamu
  • Kiku and Isamu

amazon


  • 平均評点

    77.4点(60人)

  • 観たひと

    87

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1959
公開年月日 1959/3/29
上映時間 117分
製作会社 大東
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督今井正 
脚本水木洋子 
企画市川喜一 
製作角正太郎 
伊藤武郎 
撮影中尾駿一郎 
美術江口準次 
音楽大木正夫 
録音安恵重遠 
照明浅見良二 
編集河野秋和 

キャスト

出演高橋恵美子 川田キク
奥の山ジョージ 川田イサム
北林谷栄 しげ子婆さん
滝沢修 カメラの男
宮口精二 院長さん
東野英治郎 お巡りさん
朝比奈愛子 きみえさん
清村耕次 清二郎さん
織田政雄 小野寺先生
荒木道子 松田先生
三島雅夫 座長さん
賀原夏子 巫女さん
長岡輝子 尼さん
三國連太郎 新聞社の人A
高原駿雄 新聞社の人B
中村是好 兎吉さん
殿山泰司 組合の人
多々良純 呼び込みの男
三井弘次 雑貨屋さん
岸輝子 おかつ
松本克平 おかつの亭主

解説

大東映画の第一回作品。会津磐梯山を背景に、黒人ハーフの姉弟を叙情的に描き、この問題を社会に訴えようとするもの。主役の二人には何人かの候補者の中から東京荒川の小学六年生と横須賀の小学四年生が選ばれ、今井監督のもとで俳優としての訓練をうけた。水木洋子のオリジナル・シナリオを、「夜の鼓」以来ひさびさの今井正が監督した。撮影も「夜の鼓」のコンビ・中尾駿一郎。

あらすじ

キクは小学六年生だ。からだは人一倍大きい。村一番のおテンバである。ガキ大将の少年もかなわない。弟のイサムは四年生だ。これも相当なワンパクなのだ。しげばあさんは孫の姉弟を乳呑児の時から育ててきた。もう二人はばあさんの手におえない。初秋のある日ばあさんはキクに野菜籠を背負わせて町へ連れて行った。病院で診察を受けるためだ。キクが野菜を売り歩くと、人々の好奇の目が集った。病院でも--キクは一向気にしなかった。ばあさんから貰った十円で行商の雑貨屋から赤いくしを買うと楽しそうに先に帰った。ばあさんは診療を終えた院長に二人のハーフのことを問わず語りに話した。院長はアメリカの家庭へ養子縁組の世話をするところへ頼んであげるといった。--カメラを下げた見知らぬ男が村へ現れ、仲間と遊んでいたイサムの写真をとった。キクの方は舌を出して逃げた。が、その夜キクは気になって、その男のことをばあさんにたずねた。姉弟のどちらかを養子縁組するのだという。キクはいやだった。しみじみさびしかった。--イサムは学校で友達から「クロンボ」とののしられた。「おら、クロンボでねえど」友達の頭をガンとなぐった。--秋祭だ。となりの清二郎夫妻に連れられて鎮守の森へ行った。見物の衆がみんなキクとイサムにたかった。見世物の連中は商売にならぬと怒った。イサムはまた友達とケンカし、ムキになって見世物の棒の足場へ登り、大騒ぎになった。外務省から知らせがきていた。イサムがアメリカの農園主に引きとられるという。イサムは疲れて眠っていた。出発の時、写真の男に連れられて、黒白のハーフたちの汽車に乗りこんだあとで、イサムは急に不安になった。「おら、いくのやンだ」写真の男がイサムをおさえた。「姉ちゃーん、ばあちゃーん……」イサムは必死に泣きわめいた。キクもわあわあなきながら、汽車を追って夢中で走った。--キクが子守していた赤ン坊が行方不明になる事件が起きた。友達に「売れ残り!」などとはやされ、夢中で組み打ちをしていた間にである。村中大騒ぎになった。キクが出発する芝居一座のオート三輪の上に置いたので、そのまま走って行ったことがわかった。子の母はタチの悪いいたずらと見た。ばあさんは思いあまって、村人たちの前で、キクをなぐった。「お前は、やっぱり尼寺サ行け……」考えあぐねた末のことばをしんみり言って聞かせた。キクはしょげた。--夜明け。キクがいなかった。納屋の前に赤いくしが落ちてい、中にキクがポカンと立っていた。梁から縄をつるしたが、重くて切れたのだ。「キク……バカタレ……」ばあさんはキクにしがみついてたたいた。そして、キクはその時、大人になっていた--。ばあさんは赤のご飯をキクのベントウにつめた。「お前をどこにもやんねえ。ばあさんと一緒にいてエつうなら一人前の百姓になれ」ばあさんはキクを上の小豆畑に連れて行った。登校する子供たちがからかっても、「年頃だからナおら。かまってやらねえじエもう……」キクはそっくりかえって歩いていった。

関連するキネマ旬報の記事

1960年2月特別号

旬報賞にかがやく人々:今井正と「キクとイサム」のスタッフ

1959年12月下旬号

サークル時評:「キクとイサム」の文集

1959年5月下旬号

日本映画批評:キクとイサム

1959年4月下旬号

みにくい黒鳥:「キクとイサム」を見て

1959年4月上旬春の特別号

日本映画紹介:キクとイサム

1959年3月上旬号

特別グラビア:「キクとイサム」の今井組

新作グラビア:キクとイサム

シナリオ:キクとイサム