男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

悪女の季節

  • あくじょのきせつ
  • Days of Evil Women
  • Days of Evil Women


  • 平均評点

    71.6点(27人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / コメディ
製作国 日本
製作年 1958
公開年月日 1958/11/30
上映時間 110分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督渋谷実 
脚本菊島隆三 
製作佐々木孟 
撮影長岡博之 
美術沢田辰雄 
音楽黛敏郎 
録音大村三郎 
照明小泉喜代司 
編集杉原よし 

キャスト

出演東野英治郎 八代泰輔
山田五十鈴 菅原妙子
岡田茉莉子 菅原眸
伊藤雄之助 片倉盛太
杉浦直樹 八代慎二郎
片山明彦 殺し屋秋ちゃん
三好栄子 婆や・きん
九条映子 町田看護婦
岸田今日子 早川美美
倉田マユミ みどり
中村伸郎 水谷医師
御室蘭子 ミルクホールの女の子
諸角啓二郎 ミルクホールの警官
川口のぶ ドライバー
神山繁 寺内助教授
俵田裕子 石山看護婦
佐谷ひろ子 貸金庫の女事務員
今井健太郎 貸金庫の守衛

解説

老人の莫大な財産を狙う悪女二人を軸に、人間の欲望を風刺的に描いたもので、「女侠一代」の菊島隆三のオリジナル・シナリオを、「本日休診」の渋谷実が監督したサスペンス・コメディ。撮影は「渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋」の長岡博之。「女侠一代」の山田五十鈴、「モダン道中 その恋待ったなし」の岡田茉莉子に、伊藤雄之助・東野英治郎・三好栄子などのヴェテラン、杉浦直樹・川口のぶ・丸条映子らの新人が出演する。

あらすじ

八代泰輔は財産家である。もと三流地の芸者・菅原妙子と、少し気の変な婆やと三人で暮している。妙子は正式の妻ではないが、まめまめしく仕えている。彼の遺産が目当てなのだ。八代は六十八歳だが、肉体的には二十歳も若いと保証された。病院から帰ると、彼は脂っこい物を精力的に食うのだ。妙子はガッカリし、それを眺めているうち、怒りがこみあげてきた。その後、彼女は飽食して寝た彼をガスで殺そうとする。婆やの過失に見せかけて。が、妙子のもと馴染客・片倉が訪ねてきて失敗した。片倉は羽ぶりのいい指圧師だったが、今はもぐりのタクシー運転手に落ちぶれた。彼は妙子に借金に来たのだが、彼女の八代殺害の失敗を気づいた。妙子は彼を泣き落し、片倉を八代殺しの仲間に引き入れた。分け前は金と八代の眼玉である。片倉は片目が使えず、替え眼玉が必要だった。二人は、八代を首つり自殺に見せかけようとしたが失敗する。妙子らは殺し屋の秋ちゃんも仲間に入れた。妙子のもとの情夫との間の娘で、薬学生の眸が現れ、八代に百万円出せば縁を切ると申し出た。彼は正式な結婚をすれば金をやると云った。ある晩、眸が帰って来ると、八代の寝台にグサリとナイフを突きさす人影があった。ベッドは空だった。その若い男は八代の甥・慎二郎で、八代が父を殺し財産を奪ったと思い込み、復讐に燃えていた。眸は彼に同調し、彼と握手した。八代は浅間の別荘に行くことにした。妙子は片倉の車を呼んだ。眸と慎二郎の合乗りのオートバイが、八代の車を追い抜いて行った。別荘に着くと、慎二郎らが仲間と庭でキャンプしていた。八代は裏山つづきの気象研究所の物置に一人で寝ることにする。持ってきたダイヤの小箱を防空壕の隠し金庫に隠した。彼が慎二郎の父から奪ったものだ。慎二郎は八代を詰問する。八代は誤解だといい、全財産をお前にやるつもりなのだといった。殺し屋の秋ちゃんは八代に売収され、依頼人が妙子だとしゃべった。その時、妙子が現れ、運転手の片倉と二人で彼を怒らせようとする。八代が怒ったら、二人の思うツボである。秋ちゃんから話を聞いている八代は怒りながらも柳に風と受け流す。翌日、八代は帰京すると云い出す。秋ちゃんがダイヤ目当てに防空壕を掘り、砲弾を爆発させ、彼と慎二郎はふっとんだ。慎二郎のベッドの前で、妙子、眸、八代、片倉はダイヤをめぐって口争いする。物欲を露わにして。慎二郎が死に、八代はダイヤを気象観測用のゾンデにつけて空へ放つ。慎二郎のために罪滅しするのだと。眸はオートバイで気球を追う。片倉も妙子を置きざりにして後を追う。八代は笑った。ニセのガラスのダイヤをつけたのだ。妙子は銃で彼をおどし、ホンモノの方を取り出させる。が、もう一つの小箱から出てきた方がニセモノだった。八代が間違えたのだ。妙子は思わず八代を射殺し、気球を追う。気球は浅間山の火口の上を滞った。妙子の銃弾で、気球は火口に落ちた。妙子と眸はあきらめきれず、噴煙をのぞきこみ、もつれ合って落ちた。火口の縁に、片倉は立ちつくした。

関連するキネマ旬報の記事

1959年2月下旬号

日本映画批評:悪女の季節

1958年12月下旬号

新映画評:悪女の季節

1958年11月下旬号

特別口絵:「悪女の季節」の渋谷組

新作グラビア:悪女の季節

日本映画紹介:悪女の季節