男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

赤線地帯

  • あかせんちたい
  • ----
  • The Street of Shame

amazon


  • 平均評点

    77.6点(229人)

  • 観たひと

    316

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    51

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1956
公開年月日 1956/3/18
上映時間 85分
製作会社 大映東京
配給 大映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督溝口健二 
脚本成澤昌茂 
企画市川久夫 
製作永田雅一 
撮影宮川一夫 
美術水谷浩 
音楽黛敏郎 
録音長谷川光雄 
照明伊藤幸夫 

キャスト

出演若尾文子 やすみ
三益愛子 ゆめ子
町田博子 より江
京マチ子 ミッキー
木暮実千代 ハナエ
川上康子 しづ子
進藤英太郎 田谷倉造
沢村貞子 田谷辰子
浦辺粂子 おたね
春本富士夫 青木
入江洋佑 門脇修一
高堂国典 門脇敬作
三好栄子 門脇さく
十朱久雄 塩見
丸山修 佐藤安吉
菅原謙二 栄公
加東大介 宮崎行雄
見明凡太朗 野々村
小川虎之助 より江とミッキーの客
多々良純 ゆめ子の客
宮島健一 ハナ江の客
青木富士夫 ミッキーの馴染客

解説

「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の共同脚色者の一人、成澤昌茂の脚本を、「新・平家物語」の溝口健二が監督、「俺は藤吉郎」の宮川一夫が撮影を担当した。主なる出演者は「虹いくたび」の若尾文子、京マチ子、川上康子、「母ふたり」の三益愛子、「幸福はあの星の下に」の木暮実千代、「大当り男一代」の進藤英太郎、「東京犯罪地図」の菅原謙二、「剣豪二刀流」の加東大介など。

あらすじ

特飲店「夢の里」には一人息子修一のために働くゆめ子、汚職で入獄した父の保釈金のために身を落したやすみ、失業の夫をもつ通い娼婦のハナエ、元黒人兵のオンリーだったミッキーなどがいた。国会には売春禁止法案が上提されていた。「夢の里」の主人田谷は、法案が通れば娼婦は監獄へ入れられるといって彼女等を失望させた。新聞を読んで前借が無効になったと考えたより江は世帯道具を持ってなじみ客の下駄屋の許へ飛び出したが、結局自堕落な生活にまた舞い戻ってくるのであった。ゆめ子は息子修一に会うために田舎へ行ったが、修一は親子の縁をきって東京に来ていた。ある雨の降る日、しず子という下働きの少女が「夢の里」に入って来た。ミッキーのおごりで無心に天丼をたべるしず子の瞳をみつめていたゆめ子が突然、修一の名を呼びながら発狂した。その夜、やすみにだまされたと知った炭屋の青木がやすみの首をしめた。やすみは死に損なったが、青木は宮崎巡査に連行された。ゆめ子が病院に送られる頃、ラジオは法案の四度目の流産を報じていた。そして今日も「夢の里」には、何ごともなかったように、ネオンの下で客呼びの声が聞える。やすみの姿が見えないのは、彼女のなじみ客だった貸ぶとん屋ニコニコ堂主人の塩見が夜逃げしたあと、そこを買いとって女主人になってしまったからである。そしてやすみに代って、下働きだったしず子が、威勢よく客呼びするミッキーの蔭で初店の盛装をこらして、しょんぼり立っていた。

関連するキネマ旬報の記事

2018年7月下旬特別号

連載直前企画 映画監督/脚本家・成澤昌茂の世界への招待 前篇:「赤線地帯」論

2016年12月上旬号

溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち 私たちはこの女優たちをいつまでも愛する:SIDER-A [転載]京マチ子[女優] 「赤線地帯」「足にさわった女」

1992年11月上旬号

特別企画 溝口健二の美学:「赤線地帯」

1956年6月下旬号

旬報論壇:「赤線地帯」の逃避性

1956年5月上旬号

旬報論壇:「赤線地帯」の限界

1956年4月下旬号

日本映画批評:赤線地帯

1956年4月上旬春の特別号

「赤線地帯」のセットで:

1956年3月下旬号

新作グラフィック:赤線地帯

日本映画紹介:赤線地帯