男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

1956年6月下旬号

通号 0148 通巻No 0963
発行年 1956 雑誌コード 0722
総ページ数 152 POSコード
表紙内容 ルス・ローマン
本誌紹介 映画と新聞/「ナポレオン」/「太陽の季節」/シナリオ「恋愛時代」
定価 円(税込) ※品切れ
記事目次
P.5 特別口絵 ドロシイ・マロン
P.5 特別口絵 安井昌二
P.5 特別口絵 嵯峨三智子
P.5 特別口絵 「滝の白糸」の島組
P.9 新作グラフィック 戦塵
P.9 新作グラフィック ナポレオン
P.9 新作グラフィック アレキサンダー大王
P.9 新作グラフィック 激情
P.9 新作グラフィック 死の猛獣狩
P.9 新作グラフィック 黒い天幕
P.9 新作グラフィック 地獄の埠頭
P.9 新作グラフィック 決闘者
P.9 新作グラフィック カラコルム
P.9 新作グラフィック 逆襲獄門砦
P.9 新作グラフィック 処刑の部屋
P.9 新作グラフィック 火の鳥
P.9 新作グラフィック 現代の欲望
P.9 新作グラフィック マリヤ観音
P.9 新作グラフィック 京洛の暴れん坊
P.33 抽象映画への魅力
P.34 映画劇場はいかに変貌しつつあるか
P.38 作品研究 恋愛時代
P.40 座談会 マスコミュニケーションにおける映画と新聞 森本哲郎×岡本博×田中穣×林六郎×小菅春生
P.46 パリ-ルーマニア・映画の旅
P.48 慎太郎ブームと青春の群像
P.49 映画人と家庭 鈴木崧
P.50 映画のファクター NCC営業会議
P.57 サッシャ・ギトリイと「ナポレオン」
P.60 新らしい色彩映画の可能性 (「夜の河」訪問)
P.62 映倫日記
P.64 日本映画紹介 京洛の暴れん坊
P.64 日本映画紹介 忠治祭り剣難街道
P.64 日本映画紹介 無法街
P.64 日本映画紹介 逆襲獄門砦
P.64 日本映画紹介 続 ただひとりの人
P.64 日本映画紹介 海の純情
P.64 日本映画紹介 おんな船頭唄
P.64 日本映画紹介 名寄岩涙の敢斗賞
P.64 日本映画紹介 楽天夫人
P.64 日本映画紹介 森繁よ何処へ行く
P.64 日本映画紹介 アチャラカ誕生
P.64 日本映画紹介 疾風!鞍馬天狗
P.64 日本映画紹介 花の兄弟
P.64 日本映画紹介 月夜の阿呆鳥
P.64 日本映画紹介 屋根裏の女たち
P.73 外国映画紹介 西部の王者ローン・レンジャー
P.73 外国映画紹介 白鳥
P.73 外国映画紹介 瓶の底
P.73 外国映画紹介 決闘者
P.76 旬報論壇 映画の純粋性の追求
P.76 旬報論壇 「赤線地帯」の逃避性
P.76 旬報論壇 「真昼の暗黒」の行方-について
P.76 旬報論壇 東映時代劇について
P.81 日本映画批評 太陽の季節
P.81 日本映画批評 火花
P.81 日本映画批評 大暴れチャッチャ娘
P.81 日本映画批評 恋すがた狐御殿
P.81 日本映画批評 金語楼の兵隊さん
P.81 日本映画批評 女難屋敷
P.81 日本映画批評 残菊物語
P.81 日本映画批評 悲恋おかる勘平
P.81 日本映画批評 花と嵐
P.81 日本映画批評 次男坊故郷へ行く
P.81 日本映画批評 夜間中学
P.81 日本映画批評 婚約三羽烏
P.81 日本映画批評 検事とその妹
P.86 外国映画批評 黄金の腕
P.86 外国映画批評 紐育秘密結社
P.86 外国映画批評 悪者は地獄へ行け
P.86 外国映画批評 情欲の悪魔
P.86 外国映画批評 六番目の男
P.86 外国映画批評 恋愛準決勝戦
P.89 キネマ旬報映画講座 4 芸術としての映画
P.101 「太陽の季節」と高校生 瓜生忠夫・南田洋子・長門裕之・水の江滝子・石原裕次郎・小菅一郎・武藤玲子・土井まち子・高橋義博・山口弘子・陶山とみ子・陶山ふみ子・桑原重義・岡安秀明・佐生壮一・一置夏洋・和田勝・井上喬雄・佐野福太郎・脇坂茂樹
P.106 飛躍する映画サークル運動
P.108 「太陽の季節」と観客
P.109 新・盛り場風土記 蒲田
P.113 旬報回転扉
P.114 映画界の動き
P.116 映画館
P.118 撮影進捗状況
P.119 質問室
P.120 映画人きのう・きょう・あした
P.121 シナリオ 恋愛時代
P.123 シナリオ 恋愛時代 訳者の言葉
P.146 短篇映画紹介 この雪の下に
P.146 短篇映画紹介 明日の農村
P.146 短篇映画紹介 平和の力
P.146 短篇映画紹介 味の芸術
P.146 短篇映画紹介 五十里ダム
P.148 海外通信
P.149 映研だより
P.150 旬報サロン
P.152 編集室