男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夫婦善哉

  • めおとぜんざい
  • Love is Shared Like Sweets
  • Love is Shared Like Sweets

amazon


  • 平均評点

    76.2点(111人)

  • 観たひと

    168

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ / コメディ
製作国 日本
製作年 1955
公開年月日 1955/9/13
上映時間 120分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督豊田四郎 
脚色八住利雄 
原作織田作之助 
製作佐藤一郎 
撮影三浦光雄 
美術伊藤熹朔 
音楽団伊玖磨 
録音藤好昌生 
照明石川緑郎 
編集岩下廣一 
製作担当者馬場和夫 
助監督中村積 
記録藤本文枝 
スチール吉崎松雄 

キャスト

出演森繁久彌 維康柳吉
小堀誠 維康伊兵衛
司葉子 維康筆子
森川佳子 維康みつ子
淡島千景 蝶子
田村楽太 種吉
三好栄子 お辰
浪花千栄子 おきん
万代峰子 金八
山茶花究 京一
志賀廼家弁慶 駒七
田中春男 長助
春江ふかみ 鳩子
二条雅子 里枝
梶川武利 新聞記者
丘寵児 新聞記者
大村千吉 客A
三條利喜江 薬屋のお内儀さん
上田吉二郎 客一
吉田新 客二
広瀬正一 客A
谷晃 巳之吉
本間文子 おふさ
出雲八枝子 ヤトナA
江幡秀子 ヤトナB
登山晴子 料亭の女中
宮田芳子 熱海の宿の女中
沢村宗之助 儀平
若宮忠三郎 おきんの亭主
河崎堅男 通りのコック

解説

故織田作之助の小説を「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の八住利雄が脚色、「麦笛」のスタッフで豊田四郎が監督、三浦光雄が撮影、団伊玖磨(「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」)が音楽を夫夫担当。出演者は「芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏」の森繁久彌、「修禅寺物語」の淡島千景、「おえんさん」の司葉子、「新鞍馬天狗 夕立の武士」の小堀誠など。第29回キネマ旬報ベスト・テン第2位。

あらすじ

曽根崎新地では売れっ妓の芸者蝶子は、安化粧問屋の息子維康柳吉と駈落ちした。柳吉の女房は十三になるみつ子を残したまま病気で二年越しに実家に戻ったままであった。中風で寝ついた柳吉の父親は、蝶子と彼との仲を知って勘当してしまったので、二人は早速生活に困った。蝶子は臨時雇であるヤトナ芸者で苦労する決心をした。そして生活を切り詰め、ヤトナの儲けを半分ぐらい貯金したが、ボンボン気質の抜けない柳吉は蝶子から小遣いをせびっては安カフェで遊び呆けていた。夏になる頃、妹の筆子が婿養子を迎えるという噂を聞いて、柳吉は家を飛び出して幾日も帰って来なかった。地蔵盆の夜、蝶子は柳吉を見つけ身を投げかけてなじった。柳吉は親父の家に入りびたっていたのは、廃嫡になる前に蝶子と別れるという一芝居打って、金だけ貰って後二人末永く暮すためだと云った。それは失敗に終ったが、妹から無心して来た三百円と蝶子の貯金とで飛田遊廓の中に「蝶柳」という関東煮屋を出した。ところが暫くして柳吉は賢臓結核となり、蝶子は病院代の要るままに店を売りに出した。柳吉はやがて退院して有馬温泉へ出養生したが、その費用も蝶子がヤトナで稼いだのであった。柳吉は父からもその養子京一からも相手にされず、再び金を借りて蝶子とカフェを経営することになった。やがて柳吉の父は死んだ。蝶子との仲も遂に許して貰えず、葬儀には参列したが柳吉も位牌も持たせてもらえなかった。二十日余り経って、柳吉と蝶子は法善寺境内の「めおとぜんざい」へ行った。とも角、仲の良い二人なのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1956年臨時増刊号 戦後十年傑作シナリオ集

特別口絵:夫婦善哉

「戦後十年傑作シナリオ集」東宝映画 1955年作品:夫婦善哉 

1955年12月上旬号

旬報論壇:「夫婦善哉」と上方和事

1955年11月上旬号

織田作之助の小説と映画化:「夫婦善哉」と「忘れじの人」

1955年10月下旬号

日本映画批評:夫婦善哉

1955年9月下旬号

日本映画紹介:夫婦善哉

1955年7月下旬号

新作グラフィック:夫婦善哉

1955年6月下旬号

日本映画第一線の動き 2:豊田四郎の「夫婦善哉」