男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

男の顔は履歴書

  • おとこのかおはりれきしょ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.8点(51人)

  • 観たひと

    87

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1966
公開年月日 1966/7/15
上映時間 89分
製作会社 松竹
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督加藤泰 
脚本星川清司 
製作升本喜年 
撮影高羽哲夫 
美術梅田千代夫 
音楽林光 
録音小尾健彦 
照明青木好文 
編集石井巌 
スチル堺謙一 

キャスト

出演安藤昇 雨宮修一
伊丹十三 雨宮俊次
中原早苗 倉本マキ
中谷一郎 崔文喜
真理明美 李恵春
浜田寅彦 山下
柳沢真一 中島
若宮忠三郎 久保田
川辺健三 石井
田中春男 峰岸
角梨枝子 三千代
沢淑子 あけみ
石井富子 お玉
志賀真津子 今井看護婦
内田良平 劉成元
富田仲次郎 汪徳全
菅原文太 徐延福
高宮敬二 
滝佐太郎 
萩原満 トルコ
土田佳司 成田巡査
関口銀三 唐島主任
土紀洋児 大野署長
松本染升 浦山市議
嵐寛寿郎 小野川忠造
中田耕二 須永
大木剛 野本
小瀬朗 チンピラ
三島雅夫 ひき逃げ社長

解説

「大殺陣 雄呂血」の星川清司がシナリオを執筆、「骨までしゃぶる」の加藤泰が監督したアクションもの。撮影は「運が良けりゃ」の高羽哲夫。

あらすじ

ビルの谷間にあるみすぼらしい雨宮医院に、車にはねられた男が運びこまれた。雨宮院長はその男を知っていた。瀕死の男は本名を崔といい、柴田という日本名を持っている韓国人だった。--昭和二十年、沖縄戦線で指揮をとっていた雨宮は柴田上等兵らと共に、米軍に最後の総攻撃をかけた。雨宮は柴田とはぐれたままやがて終戦を迎え、内地に帰ってきた。だが、虚脱状態の敗戦国日本では、その混乱に乗じた外国人たちが思うままに暴れ回っていた。雨宮が地主として参加しているマーケットも例外でなく、九天同盟の劉成元に乗っ取られようとしていた。マーケットの有志たちは雨宮に助力を求めてきたが、彼は無関心だった。彼の心も、敗戦を迎えて虚ろだったのである。劉は全国のマーケットを武力で支配しようという野心を抱き、到る所から人を集めていた。その中には沖縄ではぐれた柴田、今は本名に戻った崔がいた。三年振りの再会に喜んだ二人は、しかし、いま二人が置かれている皮肉な立場に、敗戦がもたらした苛酷な現実をみるのだった。そうした現実に雨宮や、弟の俊次、雨宮の恋人で看護婦の倉本マキたちは直面していたのだ。ある日、血気にはやった俊次は仲間と共に、九天同盟に殴り込みをかけた。だが、俊次は同盟側に捕えられてしまった。それを見て心を痛めていたのは李恵春だった。崔は雨宮のために同盟を裏切ることを決心し、俊次を救い出して李恵春と三人で逃げた。しかし、俊次と恵春は折重なって射たれてしまった。いまや雨宮も立ち上がる時だった。そして、それは戦争そのままの激しい市街戦だった。数時間後、夥しい死体を残して同盟は壊滅した。だが八年間の刑期を終えて出所した雨宮の前から崔とマキが消えていた。--それから十八年、日本人の誇りのために立上った雨宮を知る者は一人としていない。

関連するキネマ旬報の記事

1966年9月上旬号

日本映画批評:男の顔は履歴書

1966年8月上旬号

日本映画紹介:男の顔は履歴書