男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

怪獣大戦争

  • かいじゅうだいせんそう
  • Invasion of Astro-Monster
  • Invasion of Astro-Monster

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.2点(140人)

  • 観たひと

    233

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 日本
製作年 1965
公開年月日 1965/12/19
上映時間 94分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督本多猪四郎 
特技監督円谷英二 
脚本関沢新一 
原案金城哲夫 
製作田中友幸 
撮影小泉一 
美術北猛夫 
音楽伊福部昭 
録音小沼渡 
整音下永尚 
音響効果西本定正 
照明小島正七 
編集藤井良平 
製作担当者鈴木政雄 
助監督梶田興治 
スチル田中一清 
特技撮影有川貞昌 
富岡素敬 
光学撮影真野田幸雄 
光学作画飯塚定雄 
茂田江津子 
黒川博通 
特技照明岸田九一郎 
特技美術渡辺明 
操演中代文雄 
合成向山宏 
火薬山本久蔵 
渡辺忠昭 
特撮編集石井清子 
特技スチル中尾孝 
特技製作担当者小池忠司 
特技助監督中野昭慶 
造形利光貞三 
八木康栄 
八木勘寿 

キャスト

出演宝田明 富士一夫
ニック・アダムス グレン
田崎潤 桜井博士
沢井桂子 ハルノ
水野久美 波川女史
久保明 鳥居哲男
土屋嘉男 統制官
田武謙三 社長
田島義文 移動司令
堤康久 第一調査隊々長
桐野洋雄 第二調査隊々長
伊吹徹 世界教育社々員A
宇野晃司 世界教育社々員B
村上冬樹 医学代表
塩沢とき 婦人団体代表
清水元 防衛代表
松本染升 宗教代表
佐々木孝丸 自治代表
千石規子 下宿のおばさん
中島春雄 ゴジラ
篠原正記 ラドン
広瀬正一 キングギドラ
出演(声)納谷悟朗 グレンの声

解説

「風来忍法帖」の関沢新一がシナリオを執筆、「宇宙大怪獣 ドゴラ」の本多猪四郎が監督したS・Fもの。撮影もコンビの小泉一。1971年3月17日より、74分の短縮版が「怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ」と改題の上、「東宝チャンピオンまつり」にて公開。

あらすじ

一九××年--宇宙に新惑星X星が出現した。宇宙パイロット富士一夫とグレンはX星探険に派遣された。X星には地球よりはるかに科学の進んだX星人がいた。が、今X星は宇宙怪獣キングギドラのために地上には住めなくなり地中に身を隠していた。X星の統制官は富士たちに、キングギドラを退治するために、地球に住むゴジラとラドンを貸してくれと申しいれた。そのころ地球上では富士の妹ハルノの恋人で発明狂鳥居がつくった不協和音を発する女性用護身器を、世界教育社員と称する波川女史が買いたいと申し出ていた。それから数日後、X星人は地球上に現われ、眠っていたゴジラを湖底から、ラドンを火口から、それぞれ無重力コースにのせてX星に運び去った。ところが、これはX星人の謀略であった。X星人にとって最大の敵ゴジラとラドンを連れ去ったX星人は直ちに地球に宣戦布告をしてきた。キングギドラもX星人の発する誘導電波であやつられていたのだった。そして今やゴジラもラドンもX星人の誘導電波にあやつられ地球を攻撃してきたのだ。そのころ地球上の科学者桜井博士は、怪獣をあやつるX星人の誘導電波を断ち切るための妨害電波の完成を急いでいた。一方のグレンと哲男は、ふとしたことから波川女史がX星人であることを知った。が、波川女史は、X星人の誓いにそむいて、グレンに恋をし、X星人のために抹殺されてしまった。だが波川女史はグレンに哲男がつくった女性用護身器が発する不協和音が宇宙人のウィーク・ポイントであることを知らせた。桜井博士の妨害電波も完成し、荒れ狂う三匹の怪獣にあびせられた。哲男の発明した不協和音も拡大されてX星人に送られた。苦心の研究は実り、誘導電波を断ち切られたゴジラとラドンは、再びキングギドラと対決して、見事に撃退した。不協和音のためにX星人も全滅した。ゴジラとラドンは海底に沈み、地球上にはまた平和がよみがえった。

関連するキネマ旬報の記事

1966年2月上旬決算特別号

日本映画批評:怪獣大戦争

1965年12月下旬号

新作グラビア:怪獣大戦争

日本映画紹介:怪獣大戦争