男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

彼奴は顔役だ

  • きゃつはかおやくだ
  • The Roaring Twenties
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.9点(23人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1939
公開年月日 1955/9/16
上映時間 0分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース日本支社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「裸の街」のプロデューサー、故マーク・ヘリンジャーの原作を「機動部隊」のジェリー・ウォルド、ロバート・ロッセン、それにリチャード・マコーレイの3人が共同脚色し「愛欲と戦場」のラウール・ウォルシュが監督、「カーニバルの女」のアーネスト・ホーラーが撮影を担当した。主なる出演者は「追われる男」のジェームズ・キャグニー、「裸足の伯爵夫人」のハンフリー・ボガート、「毒薬と老嬢」のプリシラ・レーン、「探偵物語」のグラディス・ジョージ、「三人の妻への手紙」のジェフリー・リン、「猿人ジョー・ヤング」のフランク・マクヒュー、など、音楽はレオ・F・フォーブステインの担当。1939年作品。

あらすじ

第一次大戦も終局に近いフランス戦線で、3人のアメリカ兵が帰還後の方針を語り合っていた。再びガレージで自動車の整備工として返り咲こうというエディ(ジェームズ・キャグニー)、酒場に戻るハリー(ハンフリー・ボガート)、弁護士になりたいと遠大な希望を抱くロイド(ジェフリー・リン)がそれだ。中でもエディは、いつも慰問文をよこすジーンという女性に会えると思うと胸がときめいた。しかし、夢想と現実は、こんなにも違うものだろうか。エディの後釜には他の男が雇われており、復職できぬ傷心の彼が慰問文の主ジーン(プリシラ・レーン)を訪ねると、彼女はまだ10代の高校生だった。その後、タクシーの運転手の口にありついたエディは、ナイトクラブの経営者パナマ・スミスと知り合うが、彼女はエディを手先に使い、たちまち一財産を作り上げた。エディはかつての戦友ロイドを迎え、美しく成長したジーンをパナマのナイトクラブへ世話してやった。エディはジーンに想いをよせているが、彼女はエディの法律顧問のロイドに夢中だった。ハリーを相棒にして金持ちになったエディも、彼と喧嘩別れしてから落目となり、再び無一文になった。それから5年。 堅気になったロイドと結婚しているジーンの前に、今は顔役のハリーが脅迫に現れた。思い余ってジーンはエディに救いを求めた。昔の愛人の幸福のため、エディはハリーを倒すが、彼自身の生涯にも終止符が打たれた。ハリーの子分が、背後からピストルを射込んだのである。

関連するキネマ旬報の記事

1955年9月下旬号

外国映画紹介:彼奴は顔役だ