男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私は二歳

  • わたしはにさい
  • Being Two Isn't Easy
  • Being Two Isn't Easy

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.9点(117人)

  • 観たひと

    196

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1962
公開年月日 1962/11/18
上映時間 87分
製作会社 大映東京
配給 大映
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督市川崑 
脚色和田夏十 
原作松田道雄 
企画藤井浩明 
製作永田秀雅 
市川崑 
撮影小林節雄 
美術千田隆 
音楽芥川也寸志 
録音飛田喜美雄 
照明伊藤幸夫 
編集中静達治 
スチル大葉博一 

キャスト

出演鈴木博雄 ぼく(小川太郎)
船越英二 お父さん(小川五郎)
山本富士子 お母さん(小川千代)
浦辺粂子 おばあさん(小川いの)
渡辺美佐子 おばさん(小川節子)
京塚昌子 お母さんの姉
岸田今日子 アツシちゃんのおかあさん
倉田マユミ 隣りの奥さん
大辻伺郎 若い医者
浜村純 中年の医者
夏木章 病院の医者
潮万太郎 クリーニング屋の親父

解説

松田道雄著「私は二歳」「私は赤ちゃん」より「破戒(1962)」のコンビ和田夏十が脚色、市川崑が監督した子供の物語。撮影は「鯨神」の小林節雄。

あらすじ

太郎くん(〇歳→二歳)は都内の団地に住むサラリーマン夫婦、小川五郎と千代の一人息子として生まれました。両親は太郎くんを育てるのに毎日毎夜真剣でした。太郎くんが笑ったといっては喜び、蟹のように一歩一歩あるいたといっては歓声をあげ、団地の階段を高いところまで這い上がったといっては仰天する両親なのです。とにかく両親は太郎くんを眼の中へ入れても痛くないほどかわいくて仕方ありません。だが、両親のそんなかわいがり方は、太郎くんにとって嬉しいのかどうか……。案外、その小さな胸中で迷惑がっているかもしれないのです。大人たちに拘束されず、自分の体内に充満している生命の無限性を動作によって発散させたいのかも分らないのです。ある日、太郎くんは転居によって新しい家族に祖母をくわえ、郊外の平屋に住むことになりました。おいたに、怪我に、自家中毒、風邪等々、両親や祖母の神経が休まる暇もありません。それに母親と祖母のしつけ方のくい違いがあったり、父の勤務先のごたごたや、それらに起因して母親のいらいらが生じたりします。が、突然そんな太郎中心の生活に祖母の死がおとずれました。しかし、太郎は人間の死ということをしりません。おばあちゃんは遠い遠い所へ旅行に行ったと信じこんでいます。丸い大きな月の昇ったある夜、太郎は小さなバースディ・ケーキと二本のローソクの前に座っています。ローソクの小さな炎が太郎と両親の顔を柔らかく浮き上がらせています。太郎は心の中で呟いています。「ボクは二つになった。だからローソクも二つだ。ボクは二歳、ボクの名は太郎」。太郎くんは何やら満足そうにほほえんでいます。これからも太郎くんは、みんなの愛情と心づかいの中でぐんぐん大きくなってゆくことでしょう、両親の顔もはれやかです--。

関連するキネマ旬報の記事

1963年1月上旬新年特別号

日本映画批評:私は二歳

1962年12月上旬号

「私は二歳」と市川崑の成長:

日本映画紹介:私は二歳

1962年11月下旬号

特別グラビア:「私は二歳」と市川組

新作グラビア:私は二歳

1962年11月上旬号

秋の日本映画の大作探訪:「私は二歳」と市川崑

1962年9月下旬号

シナリオ:私は二歳 大映映画