男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鉄騎兵、跳んだ

  • てつきへいとんだ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    68.3点(16人)

  • 観たひと

    22

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1980
公開年月日 1980/8/16
上映時間 92分
製作会社 にっかつ
配給 にっかつ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督小沢啓一 
脚本佐治乾 
田中晶子 
原作佐々木譲 
企画進藤貴美男 
製作中川好久 
撮影山崎善弘 
美術渡辺平八郎 
音楽羽田健太郎 
主題歌松田優作:(「戦い続ける男達へ」)
録音信岡実 
照明矢部一男 
編集井上治 
助監督池田敏春 
スチール浅石靖 
モトクロス・アドバイザー鈴木秀明 

キャスト

出演石田純一 岩田貞二
熊谷美由紀 秋本洋子
竹田かほり 桐川マミ
田中淳 根本俊一
中田譲治 植木修三
時田優 柿田誠
山田辰夫 大関ひろし
北村和夫 岩田威次郎
左幸子 岩田時子
川地民夫 中島勝司
北村総一朗 佐野
岡本達哉 山本
片岡五郎 貞司の職場の上司
市村博 係員

解説

モトクロスに青春をぶつけ、変動の激しい多感な世代の最後を迎え、レースからの引退を考える青年が、少女との愛、歳下のライバルの出現によって再びオートバイに挑戦するまでを描く。オール讀物五十四年下半期の新人賞を受賞した佐々木譲の同名の小説の映画化。脚本は「赤い暴行」の佐治乾と田中晶子の共同執筆、監督は「バンカク 関東SEX軍団」以来六年振りの小沢啓一、撮影は「女子大生 快楽 あやめ寮」の山崎善弘がそれぞれ担当。

あらすじ

貞二と洋子が知り会ったのは、洋子がモトクロスの練習に行く途中の貞二に「そのバイクに乗せて」と話しかけたときだった。以来、洋子は貞二の綾習についてくるようになり、仲間のマスコット・ガールになった。貞二は倉庫会社に勤めるかたわら、モトクロスチーム「埼玉ラングラーズ」のホープとしてノービスから一ランク上のジュニアに昇格して毎日練習にあけくれていた。次の予戦のとき、貞二はノービスクラスで自分より四歳も若い根本の華々しいデビューを目撃した。華麗なテクニックと他車をブッチギリの走りっぷりで魅了した。貞二は根本への嫉妬と闘争心で、決勝に挑んだ。貞二はあせりから不得手なコーナーを強引に突っ込みマシンもろともコース外へフッ飛ばされた。貞二は重傷を負い、病院にかつぎこまれた。そして、退院した彼を待っていたものは将来に見切りをつけてホンダが契約を打ち切ったとの報告だった。失意の底で、貞二はモーテルへ誘う洋子もわずらわしかった。そして、何週間か後、貞二は再びバイクに乗る決意をする。ジュニアに昇格した根元との決戦の日が来た。激励する誰もが貞二の敗けは疑わず、彼の再起を喜ぶ洋子も不安でならなかった。根本はピカピカのワークスマシン、貞二は市販のオンボロマシン。スタート。貞二はいつにない闘志で根本にピッタリとついていく。根本は貞二の思いがけない勢いにあせりの表情を浮かべる。見物席も貞二の予想外の健闘に息をのむ。二台はピッタリ並んで最終のコーナーに突入。「勝ちたい……」貞二の心は叫び続ける。最後のジャンピングスポット、二台は同時に跳んだ。精根つき果てて二人はマシンを降りた。貞二はわずかの差で二位だった。会場の小道をマシンでひきあげると、洋子が無言で立っていた。貞二も無言で、洋子を後に乗せると、レース場から去っていく……。

関連するキネマ旬報の記事

1980年9月下旬号

日本映画批評:鉄騎兵、跳んだ

1980年8月下旬号

グラビア:鉄騎兵、跳んだ

特集 「鉄騎兵、跳んだ」:1 振幅しながら変貌する青春の真実を模索して・・・

特集 「鉄騎兵、跳んだ」:2 挫折した者の敗者復活戦の映画「鉄騎兵、跳んだ」

日本映画紹介:鉄騎兵、跳んだ