男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トラブルマン 笑うと殺すゾ

  • とらぶるまんわらうところすぞ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    45.1点(5人)

  • 観たひと

    9

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1979
公開年月日 1979/8/4
上映時間 89分
製作会社 東宝映画
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山下賢章 
脚本常盤松次郎 
中原朗 
白山進 
ギャグクリテートはかま満緒 
原案野上英之 
製作高井英幸 
撮影加藤雄大 
美術薩谷和夫 
音楽宮本光雄 
主題歌河島英五 
録音平井宏侑 
照明荒井定邦 
編集高松玄二郎 
助監督奈良正博 
スチール岩井隆志 

キャスト

出演河島英五 岩岩岩岩
財津一郎 長曽我部営業部長
多岐川裕美 江川雅子
多々良純 大前田社長
金子信雄 毛利専務
大坂志郎 細川人事部長
小松方正 山村秘書室長
河原崎長一郎 大野営業課長
久保新二 中井人事課長
真屋順子 長曽我部の妻かおる
沖雅也 西園寺英彦
中丸信 水森営業部員
高橋紳 小西新入社員
水島びん 大谷新入社員
伊藤敏孝 亀田新入社員
由利徹 下宿の親父
田中邦衛 魚屋の親父
草野大悟 禅寺の僧
岡本麗 お手伝い昌江

解説

コンピューターによって選ばれた新入社員が巻きおこす騒動を描くコメディ。脚本は常盤松次郎、中原朗、白山進の共同執筆、監督はこの作品がデビューとなる山下賢章、撮影は加藤雄大がそれぞれ担当。

あらすじ

日本最大のコンピューター製造販売会社ICSは、コンピューターで新入社員を採用したところ、選ばれた人材はとんでもない男だった。岩岩岩岩というその男は、入社式にヨレヨレのシャツとジーパンで現われ、配属された営業部でも、女子社員の隣りに自分の机を置いてしまう。岩岩は、カタログを持って外に出ると、手あたりしだいに声をかけ、しつこくつきまとう。ある魚屋などは「家を売ってでも買うから、この男をよこさないでくれ」と言う始末。これに味をしめた岩岩、増々調子に乗るが、苦情も殺到、長曽我部営業部長は、岩岩を秘書室に配属してしまう。そこには、江川雅子という社長秘書がいて、岩岩は一目惚れ、例によって猛烈なラブアタツク。雅子とフィアンセの日丸商事の御曹司・西園寺英彦のデートをメチャクチャにしてしまう。日丸商事と企業提携を企る大前田社長は岩岩の横恋慕に怒り、岩岩を営業部に戻してしまう。だが、岩岩の雅子への思いはいよいよ燃え上がる。はたして、雅子を獲得するのは岩岩か西園寺か。今日も岩岩はトラブルをまきちらし、雅子にアタックしていく。

関連するキネマ旬報の記事

1979年9月下旬号

日本映画批評:トラブルマン 笑うと殺すゾ

1979年8月下旬号

グラビア:トラブルマン 笑うと殺すゾ

日本映画紹介:トラブルマン 笑うと殺すゾ