男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

新仁義なき戦い 組長最後の日

  • しんじんぎなきたたかいくみちょうさいごのひ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.6点(84人)

  • 観たひと

    152

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル 任侠・アウトロー / アクション
製作国 日本
製作年 1976
公開年月日 1976/4/24
上映時間 91分
製作会社 東映京都映画
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督深作欣二 
脚本高田宏治 
企画日下部五朗 
橋本慶一 
奈村協 
撮影中島徹 
美術雨森義允 
音楽津島利章 
録音中山茂二 
照明増田悦章 
編集市田勇 
助監督野田和男 
スチール中山健司 

キャスト

出演菅原文太 野崎修一
和田浩治 中道努
松原智恵子 麻美
桜木健一 西本明
尾藤イサオ 加田伸吉
多々良純 岩木定春
中原早苗 久乃
梅津栄 山田東吉
西田良 重松秋良
地井武男 寒川松蔵
南条弘二 鹿田功男
名和宏 船田政男
八名信夫 根本鶴吉
木谷邦臣 松田国夫
汐路章 小坂市兵衛
織本順吉 本山孝夫
林彰太郎 潮見俊也
小沢栄太郎 坂本英光
成田三樹夫 松岡光治
笹木俊志 川崎進三
白川浩二郎 松岡若衆
福本清三 松岡若衆
秋山勝俊 松岡若衆
藤岡琢也 米元政夫
大木晤郎 藤沢徹次
有川正治 名和肇
曽根将之 庄司常雄
成瀬正 吉田春吉
山本麟一 栗原岩男
丘路千 前田政吉
岩尾正隆 中原保明
南道郎 河原玄次
阿波地大輔 古谷弥一
川谷拓三 津川一成
片桐竜次 田中好美
松本泰郎 隅田
中村錦司 桜井
横山リエ 小中み鈴
衣笠恵子 初江
内村レナ 宮本幸子
芦田鉄雄 山下捜査四課長
小林稔侍 柴田三郎刑事
疋田泰盛 朝海部長刑事
蓑和田良太 中野刑事
唐沢民賢 安田刑事
江幡高志 杉本刑事
堀めぐみ 奈美
三上寛 ター坊
郷えい治 ジョー
野口貴史 パトカーの警官
酒井哲 ナレーター

解説

“仁義なき戦い”シリーズ8作目。暴力団の抗争の中で常に上部組織に泣かされる弱小組織の男が、組長の命を狙い続ける執念を描いたアクション映画。脚本は「愉快な極道」の高田宏治、監督は「暴走パニック・大激突」の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

あらすじ

坂本英光組長が統率する大阪の坂本組は、日本最強、最大の組織を誇る暴力団である。閏年の2月29日夜、坂本組と尼ケ崎・河原組の準構成員であるバイ人同志の縄張り争いでパンマが殺害され、抗争事件へと発展した。仲間を殺された坂本組系・米元組々員の中道が、単身、河原組へ殴り込み、拳銃を乱射したため、河原組々員がその報復として、米元組長を狙撃、次いで坂本組の事務所を爆破させた。これは、九州・広島・下関の組織からなる七人会のバック・アップを得た河原組の坂本組への挑戦だった。坂本組では緊急幹部会が開かれたが、河原組壊滅を唱える米元派と、警察の介入を恐れる松岡派との意見が対立した。一方、九州玄竜会では、坂本組の九州進攻作戦に備え、会長の船田、副会長の岩木以下、各組長が着々と準備を進めていた。老齢の岩木組組長の後継者と目される若者頭の野崎修一は沈着冷静な男として評判が高いのだが、中道の女房・麻美が、野崎の妹であり唯一の肉親であるため、微妙な立場に立たされていた。阿蘇温泉で岩木が女マッサージ師によって殺された。米元の放った刺客であると睨んだ野崎は、寒川、伸吉他の子分を連れて大阪へ乗り込んだ。だが、その間に坂本、松岡、米元たちが小倉へ行き、船田と和解協定を結んだ。そして船田に説得された野崎は断腸の思いで復讐を諦らめるのだった。だが、野崎からの中止命令を待たずして米元の家に潜入していた殺し屋ジョーが、米元の妾と子分を殺してしまったために、烈火の如く怒った米元は船田に熱湯を浴びせかけ、再び険悪な空気が漂った。しかし、意外にも船田は、智恵者・松岡の提案した玄竜会には分の悪い和解に同調する腹づもりだった。ついに野崎は、船田の反対を押し切って、単独で坂本の首をとる決意をし、ハイウェイでドライブする坂本たちをダンプカーで襲った。だが、今一歩のところで、伸吉が運転を誤り失敗。野崎の首に500万円の賞金を賭け坂本組に謝罪した船田は、米元を破門し体面をつくろった松岡の絵図にまんまと陥っていくのだった。今や、手負い獅子となった野崎は、大阪に潜入、チャンスを狙っていた。そして野崎をつけ狙うチンピラ西本、子分でありながら裏切った寒川らを始末した野崎は、麻美の家を訪れた。九州の事件で片足を失った中道は、止める麻美を振り切り、野崎を撃とうとするが、車に轢ねられ即死してしまった。そして野崎は、天王寺駅でついに坂本を追いつめたが、坂本は発病して救急車で病院に運ばれ、野崎もまた坂本の子分に撃たれ、逮捕されて警察病院に運ばれた。しかし、麻美、伸吉の協力を得て病院から脱出した野崎は、坂本の病院先へ向かった。そして、付き添いの松岡を振り切り、今では枯木同然に横たわる坂本に向って、引き金を引いた……。

関連するキネマ旬報の記事

1976年6月上旬号

今号の問題作:1 新・仁義なき戦い/組長最後の日

1976年5月下旬号

日本映画紹介:新・仁義なき戦い 組長最後の日

1976年5月上旬号

グラビア:「新仁義なき戦い・組長最後の日」