男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

横浜暗黒街 マシンガンの竜

  • よこはまあんこくがいましんがんのりゅう
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    50.5点(15人)

  • 観たひと

    29

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1976
公開年月日 1976/2/28
上映時間 94分
製作会社 東映東京映画
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督岡本明久 
脚本松田寛夫 
企画俊藤浩滋 
太田浩児 
撮影飯村雅彦 
美術中村修一郎 
音楽青山八郎 
録音井上賢三 
照明川崎保之丞 
編集戸田健夫 
助監督福湯通夫 
スチル加藤光男 

キャスト

出演菅原文太 矢吹竜太
三益愛子 矢吹マサ
中島ゆたか 白石めぐみ
田中邦衛 海老名透
小池朝雄 荒尾孝作
江波杏子 池部里子
室田日出男 杉見啓一郎
千葉治郎 瀬川次郎
岩城滉一 関光一
白石襄 メリケン武
青木卓司 塚越登
西本良二郎 五十嵐
青山敦夫 サブ
山本麟一 古屋政治
中田博久 青木
葉山良二 権藤
畑中猛重 春日巡査
河合絃司 刑務々署長
相馬剛三 刑務看守
藤山浩二 刑務看守
横山繁 刑務看守
今井健二 西部貴博
土山登士幸 西部政明
石橋蓮司 西部厚志
日尾孝司 藤原清二
原田力 佐々木
山本昌平 桑名
山田光一 麻薬課四課長
中野英治 大門正吾
千葉真一 小松啓市

解説

横浜港を舞台に兇悪な母子ギャングの暗躍を描くアクション映画。脚本は「必殺女拳士」の松田寛夫、監督は新人・岡本明久、撮影は「トラック野郎 爆走一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

あらすじ

横浜暗黒街を牛耳る大組織・睦連合から、大量の麻薬を横取りした矢吹竜太とマサは、強奪、殺人を平気で行なう兇悪なギャングの母子である。15億円にも及ぶ麻薬を、マサは2年後に香港でさばくつもりなのだが、めぐみという情婦を囲い、次郎、光一をはじめ多数の子分をかかえている派手好みで遊び人の竜太は、マサに内証で除々に麻薬を持ち出して金に替えていた。しかし、竜太の行動を知った睦蓮合の幹部・大門はニューヨークからバラキの舎弟分の殺し屋2名を呼び寄せ竜太を狙わせた。次々と子分を殺され、やがて身の危険を感じた竜太は、自ら微罪を名乗り出て刑務所に入った。だが、刑務所内にも殺し屋が入り込み、さらに担当の刑事・荒尾までが大門の子飼いと知った竜太は身の縮まる思いをする。そんな竜太に正体不明の海老名という囚人が近づいた。一方、竜太の留守を守るマサは、睦連合と警察から鋭い追求を受けた事が原因で心臓発作で死んでしまった。マサの死を知った竜太は、海老名の協力を得て脱獄し、海外逃亡すべく、昔なじみの小松に偽のパスポートを依頼した。だが、小松は海老名を麻薬捜査官と見破り、怒った竜太は海老名を射殺した。そして、竜太を追っていた荒尾刑事を捕えた竜太は、麻薬を隠し場所から運び出す手伝いをさせたうえ、殺した。一方、竜太が麻薬を持って高飛びするのを知った睦蓮合は、殺し屋を総動員して竜太を追跡した。孤立無援となった竜太は昔の情婦・里子に密航船の手配を頼み、彼女の指示によって竜太とめぐみは小津湊へ向った。しかし、里子は竜太を逃がした後、睦運合の殺し屋の前で自害した。別々にタクシーに乗り込み目的地に向う竜太とめぐみ。その後を殺し屋たちが追った……。

関連するキネマ旬報の記事