男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガンヘッド

  • がんへっど
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    54.7点(44人)

  • 観たひと

    81

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 日本
製作年 1989
公開年月日 1989/7/23
上映時間 100分
製作会社 「ガンヘッド」製作委員会(東宝=サンライズ=バンダイ=角川書店=IMAGICA=東宝映画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原田眞人 
特技監督川北紘一 
脚本ジェームズ・バノン 
原田眞人 
製作田中友幸 
山浦栄二 
プロデューサー島谷能成 
山田哲久 
メカニカル・デザイン河森正治 
撮影藤沢順一 
美術小川冨美夫 
音楽本多俊之 
音楽プロデューサー岩瀬政雄 
主題歌永井真理子:(「TIME」)
録音斉藤禎一 
照明粟木原毅 
編集黒岩義民 
助監督井上英之 
スチール石月美徳 
中尾孝 
特技撮影江口憲一 
特技美術大澤哲三 
好村直行 
特技照明斉藤薫 
操演松本光司 
特殊効果渡辺忠昭 
製作東宝映画 
サンライズ 

キャスト

出演高嶋政宏 ブルックリン
ブレンダ・バーキ ニム
水島かおり イレブン
原田遊人 セブン
円城寺あや ベベ
川平慈英 ボンベイ
斉藤洋介 ボクサー
ドール・ヌイン ブーメラン
ジェームズ・B・トンプソン バラバ
ミッキー・カーチス バンチョー

解説

近未来、コンピュータと、ロボット“ガンヘッド”を繰る人間との戦いを描くSFXアクション。脚本・監督は「さらば愛しき人よ」の原田眞人、共同脚本はジェームズ・バノン、特技監督は「アナザーウェイ D機関情報」の川北紘一、撮影は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の藤沢順一がそれぞれ担当。主題歌は、永井真理子(「TIME」)。

あらすじ

西暦2005年。太平洋上の火山島8JOに世界初のフルオートメーション・ロボット工場「マザータワー」が建設された。家庭や工場などいたるところでロボットが活躍し、政治や経済の問題解決にはコンピュータが判断を下すというコンピュータ・ロボット社会の到来だった。軍隊の主力も人間から、「ガンヘッド」と名付けられた無人戦闘ロボットによる部隊へと移行していた。そして、8JO全体の管理は、巨大コンピュータ「カイロン5」に委ねられていた。20年間は何事もなく過ぎたが、2025年に突然カイロン5が全世界に対して宣戦布告。世界連邦政府はガンヘッド大隊を投入し、400階建てのマザータワー上部にあるカイロン5の中枢を目指した。が、開戦から373日目に大隊最後の一機「ガンヘツド・ユニット507」も、マザータワーの守護神「エアロボット」に破れ、人類は自ら作り出したコンピュータに全面降服することとなった。カイロン5は勝利と共に活動を停止。8JOは汚染地域として封鎖された。そのロボット戦争から13年後のある日、世界をトレジャーハンティングする男女7人組「Bバンガー」が、カイロン5のコンピュータ・チップを求めて、8JOに入った。このメンバーにはメカには強いが、軍隊時代の事故が原因で極度のコクピット恐怖症に陥っている日本人青年ブルックリンもいた。無人と思われたマザータワーに突如黒い影が現われ、4人の命が奪われた。ブルックリンら3人は辛うじて393階に逃げ込んだが、そこにテキサス・エア・レンジャースの美しい伍長ニムが現われた。彼女はダラスの研究所から「鉱石」を盗んだバイオロイドを追って、8JOまで来たのだった。4人は協力することになったが、間もなくブルックリンの仲間2人がバイオロイドに殺された。その時マザータワーに不気味な轟音が響き、カイロン5が甦った。エアロボットが残ったブルックリンとニムを襲ったが、危うく難を逃がれて地上近くの廃屋にたどり着いた。そこで2人を助けたのは、セブンとイレブンという2人の子供だった。彼らはロボット戦争後の奇跡的な生存者で、8JOで生き続けていたのだった。この8JOから脱出するには、カイロン5を倒すしかない。ブルックリンらは再びカイロン5の中枢に向かい途中で伝説の戦闘ロボット「ガンヘッド・ユニット507」を発見。カイロン5中枢部への攻略ルートもインプットされたままだった。ガンヘッドは鉱石を「テキスメキシウム」と分析、カイロン5はこれを武器に人類の歴史とデータのすべてを抹消してしまおうと画策していた。ガンヘッドは損傷がひどかったが、ブルックリンはメインコンピュータ機能を有人用への改造で補い、ガンヘッドを甦らせた。通信機からは先にカイロン5に向かったニムの悲鳴が聞こえてきた。ブルックリンは迷いながらもコクピットに入り、ガンヘッドと一体になった。そして、長い苦闘の末にガンヘッドはカイロン5を倒したのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1989年9月上旬号 創刊70周年記念特別号

日本映画紹介:ガンヘッド

1989年8月下旬上半期決算特別号

日本映画批評:ガンヘッド

1989年7月下旬号

グラビア:ガンヘッド

特集 ガンヘッド:評論

特集 ガンヘッド:原田眞人、ブレンダ・バーキ、川北紘一、山田哲久 インタビュー

特集 ガンヘッド:アニメから実写へ

1989年6月上旬号

撮影現場訪問:「ガンヘッド」