男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アナザーウェイ D機関情報

  • あなざーうぇいでぃきかんじょうほう
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    52.1点(18人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 日本 スイス
製作年 1988
公開年月日 1988/9/17
上映時間 114分
製作会社 タキエンタープライズ
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山下耕作 
特技監督川北紘一 
脚本石倉保志 
原作西村京太郎 
製作総指揮太木懋 
製作小倉斉 
撮影赤塚滋 
江口憲一 
美術間野重雄 
井上泰幸 
音楽監督ジョルジオ・モロダー 
主題歌ジェニファー・ラッシュ:(「アナザーウェイ」)
チープ・トリック:(「ストップ・ザット・シーフ」)
録音西崎英雄 
照明中山治雄 
編集黒岩義民 
助監督俵坂昭康 
製作協力東宝映画 
スイス製作協力ベルナルド・ラング・AG 

キャスト

出演役所広司 関谷直人
いしだあゆみ 日下佳子
高橋英樹 天宮剛士
永島敏行 矢部将幸
平幹二朗 川瀬
井川比佐志 笠井
戸浦六宏 大竹
仲代達矢 島村
藤谷美紀 軍令部次長秘書官
芦田伸介 北原
丹阿弥谷津子 関谷房江
石倭裕子 関谷幸江
山村紅葉 戸川雪子
野口貴史 山野
平泉成 神崎
ウド・キアー フリードリッヒ・ハンスマン
コンスタンツェ・エンゲルブレヒト エレーナ・ベック
インゴルト・ウィルデナウアー ロパーヒン
デボラ・エスプテイン ナンシー・ウィルソン
シドニー・ローム リタ・ガーネット
ロバート・ボーン ダレス「D」

解説

第二次世界大戦末期にヨーロッパへ渡った海軍中佐が軍務遂行か和平工作かの選択を迫られ苦悩する姿を描く。西村京太郎原作の小説『D機関情報』の映画化で、脚本は「おれは男だ! 完結編」の石倉保志が執筆。監督は「竜馬を斬った男」の山下耕作、撮影は赤塚滋がそれぞれ担当。日本・スイス合作。

あらすじ

第二次世界大戦末期、戦局が不利になった日本軍は海軍中佐関谷直人をスイスへ送った。目的は特殊爆弾の原料ウランの買付けだった。しかし、ベルンに着くと友人で仲介役の駐在武官矢部は殺されていた。関谷は謎を追ううち、矢部はまだ生きていて、アメリカのD機関に籍を置き、日米和平工作に関わっており、関谷にも協力を求めてきた。彼は自分の任務のため一度は断ったが悩んだ。矢部が何者かに殺され、ベルン公使や館員の日下も和平を訴える。また、D機関のボスから、アメリカがすでに特殊爆弾を完成させていること、ソ連が条約を破って日本に宣戦するという情報を得て、関谷は矢部の遺志を継ぐことにした。しかし軍部は彼の和平交渉を拒否。1945年夏、日本は敗戦を迎えた。

関連するキネマ旬報の記事

1988年11月下旬号

日本映画紹介:アナザーウェイ・D機関情報

1988年11月上旬号

日本映画批評:アナザーウェイ・D機関情報

1988年9月下旬号

グラビア:アナザーウェイ・D機関情報

アナザーウェイ・D機関情報:撮影ルポ