男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ベッドタイムアイズ

  • べっどたいむす
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    57.4点(19人)

  • 観たひと

    35

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 1987
公開年月日 1987/4/25
上映時間 118分
製作会社 ビッグバン=メリエス
配給 ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演樋口可南子 キム
マイケル・ライト スプーン
大楠道代 マリア姉さん
奥田瑛二 市来櫂
柄本明 大黒
竹中直人 柳(華僑)
常田富士男 年老いた漁師
ジェイムス・ノーウッド ウィスパー
メルビン・エイアーズ ファッツ
田中こずえ 漁師の女
志賀圭二郎 宮下
松田章生 運送屋
佐藤英 警視庁外事課A
須藤正裕 警視庁外事課B
天田益男 酔っ払い
山本理絵 花売り
マイケル・コールマン チムニー
デンプシー・レオナルド チキート

解説

日本人女性と黒人男性の激しい愛を描く。山田詠美原作の同名小説の映画化で、脚本は「さらば箱舟」の岸田理生、監督は「離婚しない女」の神代辰巳、撮影は「化身(1986)」の川上皓市がそれぞれ担当。

あらすじ

クラブ歌手のキムは黒人のスプーンと出逢った。翌日、彼女は「私、クロと寝たのよ」と告げ、市来の部屋を出て行った。市来はキムが唄っている基地のクラブのバンド仲間で、一年間同棲していたのだ。キムは10年前、この横須賀の町で自分を拾ってくれたマリア姉さんを訪ねた。マリアは黒人としか寝ない女だった。数日後、外国人相手のスーパーでスプーンと再会したキムは、モーテルで再び熱い瞬間を過ごした。だが、二人の乗ったスプーンの自転車が衝突事故を起こし、スプーンの消息はわからなくなった。キムは新しく借りた部屋で、スプーンの猫オズボーンと彼を待った。スプーンは脱走兵となってキムの前に現われた。二人の熱病のような熱い日々が始まった。ある日、脱走中だというウィスパーが、「スプーンとは薬を売っている仲間だが入れる筈の金を持って来ない」と告げに来る。キムは入れ替わりに帰って来たスプーンに、「薬の売人なんて危険なことはやめて」と懇願する。カッとなってキムを欧りつけたスプーンは、「もう終わりだな」とつぶやいて出て行った。その夜、キムはクラブで唄えなくなってしまう。そして、心配した市来の優しい言葉に誘われてベッドを共にする。だが、もう市来の愛撫に酔うことはできなかった。部屋に戻るとスプーンがおり、抱き合う二人。肉体で始まった愛は精神の愛へと到達していくが、蜜月のような日々は長くは続かなかった。キムはマリアとベッドを共にしているスプーンの姿を発見する。しかし、キムはスプーンと離れることはできない。二人の日々はスパイ容疑でのスプーンの逮捕という形で終わった。

関連するキネマ旬報の記事

1987年6月上旬号

日本映画批評:ベッドタイムアイズ

日本映画紹介:ベッドタイムアイズ

1987年4月下旬号

特集 ベッドタイムアイズ:短評

特集 ベッドタイムアイズ:樋口可南子 インタビュー

1987年4月上旬号

グラビア:ベッド・タイム・アイズ

1987年1月下旬号

撮影現場訪問:「ベッドタイムアイズ」