男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

子猫物語

  • こねこものがたり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    54.3点(73人)

  • 観たひと

    142

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1986
公開年月日 1986/7/12
上映時間 95分
製作会社 フジテレビジョン
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督畑正憲 
協力監督市川崑 
構成南川泰三 
日高真也 
脚本畑正憲 
谷川俊太郎 
製作指揮鹿内春雄 
企画宮内正喜 
製作日枝久 
角谷優 
プロデューサー緒方悟 
プロデューサー補酒井彰 
撮影藤井秀男 
富田真司 
美術坂口岳玄 
音楽監督坂本龍一 
録音信岡実 
大橋鉄矢 
照明山下礼二郎 
煙草忠司 
編集長田千鶴子 
監督補上野尭 
スチール石川利昭 
小宮山道隆 
動物監督畑三喜雄 
製作協力岡崎澄一 

キャスト

ナレーション小泉今日子 
露木茂 

解説

様々な動物たちと出会い、別れながら成長していく茶虎の子猫の姿を描く。脚本、監督は北海道に動物王国を持つムツゴロウこと作家の畑正憲。協力監督は「ビルマの竪琴(1956)」の市川崑。撮影は「犬死にせしもの」の藤井秀男と富田真司がそれぞれ担当。

あらすじ

早春の北国、牛舎の中で母猫に抱かれている子猫たち。その中の一匹、茶虎のチャトランが脱け出て来て、土間に転落した。腕白ざかりのチャトランの親友は小犬のプー助。二匹はぐんぐん大きくなっていく。ある日、プー助と遊んでいたチャトランは、川辺の木箱に入り込んだ。突然、木箱は流れ出し滝つぼを落ちて行った。驚いたプー肋は助けようとするが泳ぎが大の苦手。必死に流れていく方へ走って行き木箱を見つけるが、チャトランの姿はなかった。その頃、やっと岸に上がったチャトランは森の中を歩いていた。キタキツネが砂に埋めた食料を失敬しようと思ったが、カラスに邪魔されて失敗。野原を馬の背中に乗って散歩したり、ワタスゲの原っぱで子鹿と遊んで一緒に昼寝したりと過ごす。夜、森の中でチャトランは怪我をした子豚に出会う。優しく舐めて元気づけ、朝になって子豚を送って行くと、御礼にと母豚が子豚の兄弟と一緒にお乳を飲ませてくれた。水辺にたどりついたチャトランは、一計を案じた。尻尾を水にたらして喰いついた魚を釣り上げたのだ。だが喜んだのもつかの間、アライグマに横取りされてしまう。草原の木立ちに登ったチャトランは、プー助の姿を見つけた。二匹はやっと巡り逢うことができた。牧場で病気の子牛にカラスが群がっている。プー助がカラスを追い払いに行く。再びプー助と離れてしまったチャトランは、海辺の絶壁で飛びかう鴎の子供を狙う。だが、母鳥に襲われ追いつめられて絶壁から落ちる。ずぶ濡れになって砂浜から上がり、番小屋でひと休みするチャトラン。そこに熊が襲って来るがタンスの中に隠れて危機を逃れた。暫くして、今度は蛇に追いつめられ深い穴の中に落ちてしまう。這い上がろうとするが全く無理、そこへロープを垂らし、引っばりあげてくれたのはプー助だった。秋になり、チャトランとプー助が遊んでいると一匹の白い牝猫が現われた。白猫に寄り添いじゃれ合うチャトラン。置き去りにされたプー助は、もう子供のままでいられないことを感じて寂しく去って行く。やがて冬が来た。白猫とチャトランの愛は深まっていく。春になり、桜が咲き乱れるなか、チャトランそっくりの子猫たちが遊んでいる。そこに、プー助が彼の家族を連れてやって来た。

関連するキネマ旬報の記事

1986年8月下旬号

日本映画紹介:子猫物語

1986年8月上旬号

日本映画批評:子猫物語

1986年6月下旬号

グラビア:子猫物語

特集 子猫物語:畑正憲監督 インタビュー

特集 子猫物語:撮影ノート

特集 子猫物語:フジTV研究