男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

友よ、静かに瞑れ

  • ともよしずかにねむれ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.8点(76人)

  • 観たひと

    124

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1985
公開年月日 1985/6/15
上映時間 103分
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映セントラルフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督崔洋一 
脚本丸山昇一 
原作北方謙三 
製作角川春樹 
プロデューサー黒澤満 
紫垣達郎 
撮影浜田毅 
美術小川富美夫 
音楽梅林茂 
録音北村峰晴 
照明井上幸男 
編集鈴木晄 
助監督成田裕介 
スチール加藤輝男 

キャスト

出演藤竜也 新藤剛
倍賞美津子 赤井志摩
原田芳雄 高畠治郎
室田日出男 徳田乙松
高柳良一 小宮豊
六浦誠 坂口竜太
宮下順子 小坂時枝
中村れい子 今村静子
伊藤麻耶 桃原留美
JILL 柴村冴子
福田妙子 相川カナ
草薙幸二郎 亀井順一
常田富士男 石森健
椎谷建治 上原吉徳
飯島大介 安里秀行
中西良太 石井仙一
清水昭博 古賀三郎
佐藤慶 下山大志
林隆三 坂口隆一

解説

罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルド映画。原作は北方謙三の同名小説、脚本は「ユー・ガッタ・チャンス」の丸山昇一、監督は「いつか誰かが殺される」の崔洋一、撮影は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の浜田毅がそれぞれ担当。

あらすじ

沖縄の小さな港町・多満里。一人の男がホテル“フリーイン”に車を止めた。40歳前後の一見うらぶれた感じのする男・新藤。彼は旧友・坂口がこの町の再開発を企てている下山建設の社長に刃物で襲いかかって逮捕された、という新聞記事を読んで、はるばるやって来たのだった。フリーインはその坂口が経営するホテルで、彼は下山建設の大規模な買収に応じず、執拗ないやがらせや脅迫にも屈しなかった。その坂口を逮捕したのは下山建設と癒着している徳田刑事だ。新藤は坂口の一人息子・竜太と連れだって、坂口にレモンを差し入れた。フリーインは、フロント係・小宮が坂口の留守をあずかり、それに町のクラブ“KENDO”を経営する坂口の愛人・志摩とそこで働く時枝、静子、留美、冴子が住みついていた。新藤は事件の真相を探るべく単独で動きだした。まず下山建設の開発部長・高畠にジャブを入れる。しかし、ボクサーくずれの高畠は動じる様子もない。次に徳田刑事。小心な徳田は下山建設との癒着を指摘されると、動揺しながらも権力をカサに着て逆に新藤や志摩たちを脅す。事件の真相が分かった。下山の部下たちに拉致された竜太を救出しようと坂口が単身、乗り込んだのだった。竜太が事情を警察に言いさえすれば、坂口は釈放されるのだが、竜太は報復が恐くて言い出せないのだ。夜。寝ていた新藤は突然、下山建設のチンピラ・石井に拳銃をつきつけられ、外に連れ出された。その危機を救ったのは意外にも高畠だ。彼は男として、坂口や新藤の心情が理解できるが、立場上、二人と対立しなければならないことに、忸怩たる思いを抱いていた。新藤が必死になって坂口を釈放させようとするのには理由があった。船医の新藤は坂口の命が肺ガンであと数ヵ月だと知っていたのだ。坂口が動けるうちに、今一番したいことをやらせたい--。新藤は徳田と下山建設との癒着の証拠を徳田につきつけて坂口を釈放しようとする。深夜、新藤は下山建設の事務所に行く。高畠が新藤を待ち構えていた。凄絶な死闘の末、新藤は証拠書類を手にした。坂口が釈放された。新藤、竜太が坂口を迎え、その様子を下山をはじめ下山建設の社員たちが見守る。坂口は無言で下山に接近し、突然、ポケットに手を入れた。恐怖におののいた下山は、いきなり拳銃を発射した。崩れ落ちる坂口の手からレモンがころがり落ちた。新藤は目をそむけようとする竜太に、父親の死に様の一部始終を見せつけた。

関連するキネマ旬報の記事

1985年7月下旬号

日本映画批評:友よ、静かに瞑れ

1985年7月上旬号

日本映画紹介:友よ、静かに瞑れ

1985年6月下旬号

グラビア:友よ、静かに瞑れ

特集 友よ、静かに瞑れ 崔洋一監督作品:監督インタビュー

特集 友よ、静かに瞑れ 崔洋一監督作品:撮影ルポその他

1985年6月上旬号

〈特別グラビア〉撮影現場レポート:2 友よ、静かに瞑れ