男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

魔の刻

  • まのとき
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    61.7点(25人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1985
公開年月日 1985/1/26
上映時間 110分
製作会社 東映セントラルフイルム
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督降旗康男 
脚本田中陽造 
原作北泉優子 
企画中西宏 
プロデューサー黒澤満 
撮影木村大作 
美術今村力 
音楽甲斐正人 
録音紅谷愃一 
照明安河内央之 
編集鈴木晄 
助監督一倉治雄 
スチール関谷嘉明 

キャスト

出演岩下志麻 水尾涼子
坂上忍 水尾深
岡本かおり 葉子
伊武雅刀 片貝
山田辰夫 鉄弥
石橋蓮司 西方
榎木兵衛 屋台のおやじ
河原さぶ マネージャー
富士原恭平 富夫
豊崎寿夫 新一
斉藤建夫 たけし
岡部正純 隣室の男
神山繁 水尾敬一郎
小林稔侍 寿司屋
常田富士男 福屋
宮下順子 スナックのママ
岡田裕介 花井

解説

息子と肉体関係を持ってしまったひとりの女の愛を描く。北泉優子原作の同名小説の映画化で、脚本は「上海バンスキング(1984)」の田中陽造、監督は「居酒屋兆治」の降旗康男、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

あらすじ

水尾涼子は息子・深に会うために、夜通し車を飛ばして漁港に着いた。が、もう二度と姿を見せてくれるなと、深の言葉は冷たい。涼子は一流企業に勤める夫・敬一郎に離婚を申し出、東京の家を出てきたのだ。深の方は一年も前から各地を転々とした末、この港町に安らぎを覚えて住みつき、直吉丸という魚屋で働くようになっていた。涼子は港町にアパートを借りた。はす向かいの花井薬局の主人・花井は、隣近所から奇妙な眼で見られている中年のヤモメ男。ある日、花井は涼子を魚釣りに誘った。花井は二年ほど前に妻を心臓マヒ、その母親を脳出血で亡くし、この相次ぐ死を不審がった警察は、墓を掘りかえして骨壷の骨を鑑識にまわしたことを告げた。上等のトロの刺身を買い込んで、毎夜、深を待つ涼子は想いを過去に走らせた。涼子と深が母と子の関係を超えて間もない夜、社長の急死で出張が中止となった敬一郎が突然、帰宅した。妻と息子が抱き合っている姿を見た彼は絶句する。その時以来、涼子は深を拒み、彼は気が狂ったように家出した。あれから一年、一度は許されぬ愛を断とうと心に決めた涼子だが、いま再び深を求めている。深は直吉丸の娘・葉子と一度、寝たことがあり、その事が直吉丸の従業員仲間に知れて、包丁で腹を刺された。涼子は深を花井薬局にかつぎこみ、表沙汰を嫌う深の頼みで、花井は知人の医者・西方に治療を依頼し、ことなきを得る。だが、直吉丸従業員の自首で、この傷害事件をかぎつけた片貝が、花井薬局の周辺をうろつく。涼子は花井から、彼の妻が実は医者の西方とホテルに居て心臓発作を起したことを聞いた。やがて花井は、暫く旅に出ると涼子に置手紙を残して姿を消した。涼子にとって、深の看病は楽しいかぎりだったが、深は訪ねてきた葉子と共に花井の家を出て行った。涼子は深を求めてさまよい、逃げる彼に激情を叩きつけ、二人は愛し合った。それを物陰で片貝が見ており、港町中に知れわたった。深はアパートを払って姿を消し、花井が町に帰ってきた。花井は妻の母親を薬殺したこと、母親と関係があったことを涼子に告げた。涼子は深との母子相姦までのすべてを彼に打ち明けた。敬一郎に東大コースを強要されて、深は二浪したあげく入試に失敗。そして、家庭内暴力、酒、ビニ本と転げ落ちていった。涼子は彼と死のうとしたが、その時、母と子の一線を越えてしまったのだ。涼子と花井は、ディスコでタンゴを踊り、ホテルで愛し合った。翌日、花井の水死体が上がる。港町を去るために、車を走らせる涼子の前に深が現われたが、彼女は彼をつきはなした。

関連するキネマ旬報の記事

1985年3月上旬号

日本映画批評:魔の刻

日本映画紹介:魔の刻

1985年2月上旬号

グラビア:魔の刻

1984年12月下旬号

〈グラビア〉撮影現場訪問:「魔の刻」