男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

家族ゲーム

  • かぞくげーむ
  • The Family Game
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.6点(434人)

  • 観たひと

    765

  • 観たいひと

    46

  • レビューの数

    57

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1983
公開年月日 1983/6/4
上映時間 106分
製作会社 にっかつ撮影所=NCP=ATG
配給 ATG
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督森田芳光 
脚本森田芳光 
原作本間洋平 
企画多賀祥介 
山田耕大 
製作佐々木志郎 
岡田裕 
佐々木史朗 
制作補桜井潤一 
撮影前田米造 
美術中澤克巳 
録音小野寺修 
編集川島章正 
助監督金子修介 
スチール竹内健二 

キャスト

出演松田優作 吉本勝
伊丹十三 沼田孝助
由紀さおり 沼田千賀子
宮川一朗太 沼田茂之
辻田順一 沼田慎一
松金よね子 茂之の担任・英語
岡本かおり 美栄子の姉
鶴田忍 慎一の担任・英語
戸川純 近所の奥さん
白川和子 美栄子の母
佐々木志郎 美栄子の父
伊藤克信 茂之の担任・国語
加藤善博 茂之の担任・体育
土井浩一郎 土屋裕
植村拓也 三井順
前川麻子 田上由利子
渡辺知美 樹村雅美
松野真由子 浜本道子
中森いづみ 菊地保子
佐藤真弓 山下美栄子
小川隆宏 芝田友幸
清水健太郎 若い先生
阿木燿子 吉本の恋人

解説

高校受験を控えた中学生の子供のいる家族と、その家にやって来た家庭教師の姿を描く。本間洋平の同名の小説の映画化で、脚本、監督は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の森田芳光、撮影は「俺っちのウエディング」の前田米造がそれぞれ担当。

あらすじ

中学三年の沼田茂之は高校受験を控えており、父の孝助、母の千賀子、兄の慎一たちまで、家中がピリピリしている。出来のいい慎一と違って、茂之は成績も悪く、今まで何人も家庭教師が来たが、誰もがすぐに辞めてしまうほどの先生泣かせの問題児でもある。そこへ、三流大学の七年生、吉本という男が新しく家庭教師として来ることになった。吉本はいつも植物図鑑を持ち歩き、海に近い沼田家に船でやって来る。最初の晩父の孝助は吉本を車の中に連れていくと、「茂之の成績を上げれば特別金を払おう」と話す。吉本は勉強ばかりか、喧嘩も教え、茂之の成績は少しずつ上がり始める。一方、慎一は、家庭教師を付けてもらい、両親の心配を集める茂之と違って、手がかからず、それだけに寂しそうだ。茂之は幼馴染みで同級生の土屋にいつもいじめられていたが、勉強のあと、屋上で殴り方を習っていた甲斐があってか、ある日の放課後、いつものように絡んでくる土屋をやっつけることが出来た。そして、茂之の成績はどんどん上がり、ついに兄と同じAクラスの西武高校の合格ラインを越えてしまう。しかし、茂之はBクラスの神宮高校を志望校として担任に届け出る。これに両親は怒り、志望校の変更を吉本に依頼する。吉本は学校に駆けつけると、茂之を呼び出し、担任の前に連れていくと、強引に変更させる。しかし、何故、西武高校に行きたくないのか、その疑問を慎一にぶつけた。慎一は秘密ということで、茂之は土屋と同じ高校に行きたくないのだと話す。それは、小学生の頃、授業中に茂之が大便をもらしてしまったことを土屋が知っているからだと言う。バカバカしい理由に吉本と慎一は大笑いする。土屋は私立高校に行くことになり、茂之は西武高校にみごと合格し、吉本の役目は終り、お祝いをすることになった。その席で、孝肋は、最近ヤル気を失くしている慎一の大学受験のための家庭教師になって欲しいと話す。しかし、一流大学の受験生に三流大学の学生が教えられるわけはないと吉本は断った。そして、吉本は大暴れをして食事は大混乱となるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年8月上旬号

DVDコレクション:『新・死ぬまでにこれは観ろ!-キング邦画80連発』

2014年11月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:[ATG企画 前篇]「家族ゲーム」を生んだ1983年という時代

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光監督全映画 森田が語る27本 森田芳光監督 自作を語る/スタッフ&キャスト データ/作品解説:「家族ゲーム」

再録:対談:森田芳光×松田優作 大好評で迎えられた「家族ゲーム」

再録:受賞のことば「家族ゲーム」「それから」受賞インタビュー/「ウホッホ探険隊」表彰式スピーチ

1984年12月上旬号

「家族ゲーム」のアメリカ公演を実現して:

1984年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:日本映画作品賞 「家族ゲーム」

1983年8月上旬号

日本映画紹介:家族ゲーム

1983年7月上旬号

日本映画批評:家族ゲーム

1983年6月下旬号

グラビア:家族ゲーム

特集 家族ゲーム 森田芳光監督作品:対談 森田芳光×川本三郎

特集 家族ゲーム 森田芳光監督作品:作品評

特集 家族ゲーム 森田芳光監督作品:作品評

1983年5月下旬号

試写室:家族ゲーム

1983年5月上旬号

〈グラビア〉撮影現場訪問:「家族ゲーム」