男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ションベン・ライダー

  • しょんべんらいだー
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.5点(135人)

  • 観たひと

    220

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1983
公開年月日 1983/2/11
上映時間 118分
製作会社 キティ・フィルム
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督相米慎二 
脚本西岡琢也 
チエコ・シュレイダー 
原案レナード・シュレイダー 
製作多賀英典 
プロデューサー伊地智啓 
撮影田村正毅 
伊藤昭裕 
美術横尾嘉良 
音楽星勝 
録音信岡実 
照明熊谷秀夫 
編集鈴木晄 
助監督榎戸耕史 
スチール井本俊康 
擬斗国井正広 

キャスト

出演藤竜也 厳兵
河合美智子 ブルース
永瀬正敏 ジョジョ
鈴木吉和 デブナガ
坂上忍 辞書
原日出子 アラレ
桑名将大 
木之元亮 
財津一郎 島町
村上弘明 金太
寺田農 木村
宮内志麻 その妻
伊武雅刀 田中巡査
きたむらあきこ 知子
倍賞美津子 郁子
前田武彦 デブナガの父親
ケーシー高峰 金貸しの中年男

解説

いつもいじめられているガキ大将が誘拐され、彼を追う三人の少年少女と中年男のヤクザの姿を描く。脚本は「丑三つの村」の西岡琢也とチエコ・シュレイダーの共同執筆、監督は「セーラー服と機関銃」の相米慎二、撮影は「さらば愛しき大地」の田村正毅と伊藤昭裕の共同でそれぞれ担当。

あらすじ

ジョジョ、辞書、ブルースの三人の中学生はガキ大将のデブナガにいつもいじめられており、今日こそやっつけてやろうというとき、そのデブナガが三人の眼の前で誘拐されてしまった。デブナガの父が覚醒剤をタレ流していることに腹を立てた横浜のヤクザ極龍会のイヤガラセだ。誘拐したのは極龍会の組員、山と政だが、マスコミはこの事件を派手に報道し、組ではもてあましていた。一方、三人の中学生は横浜に向い、そこで、極龍会の組員で、山と政の二人を連れ戻すように命令を受けている中年のヤクザ、厳兵と出会い、一緒にデブナガ救出しようと持ちかけると、厳兵はしぶしぶ承諾する。その頃、デブナガは熱海から名古屋に連れ去られていた。一方、ヤク中で暴力的な厳兵を嫌う辞書はブルースと一緒に、熱海に研修会に来ていたアラレ先生を救出作戦に巻き込んでしまう。別行動をとっていたジョジョと厳兵は山と政を貯木場に追いつめており、そこへ、ブルース、辞書、アラレも到着した。運河に浮かぶ木の上で大迫跡が繰り広げられ、厳兵とブルースは負傷し、アラレも橋から落ちて傷だらけだ。そして、山と政、デブナガはどこかへ逃げ去っていた。クサる厳兵や辞書たちのところに島田組の者が現れ、協力を申し出る。腹では極龍会を支配しようと考えている島田組の招待で五人は飲めや歌えの大騒ぎをする。しかし、厳兵は島田の援助を断ると、山たちが逃げたと思われる大阪へ向った。そんな厳兵の姿に、ブルースは心惹かれるものを感じる。大阪のドヤに踏み込むと、半ベソの辞書が、アラレも連れていかれたと話す。その時、極龍会解散のニュースが入り、組がなくなっては山や政を追う必要がないと厳兵は言いだした。説得にも耳をかさない厳兵を残して、辞書、ブルース、ジョジョの三人は追跡を続け、横浜にあった極龍会の覚醒剤精製所に辿り着いた。そこで、山と政は極龍会解散のニュースを知り、唖然とする。そこへ、厳兵も現れ、デブナガ、アラレの救出に成功するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月上旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第4弾 1980年代日本映画ベスト・テン:ベスト15グラビア解説

1983年3月下旬号

日本映画批評:ションベン・ライダー

日本映画紹介:ションベン・ライダー

1983年2月上旬号

グラビア:ションベン・ライダー

特集 ションベン・ライダー 相米慎二監督作品:作品評

特集 ションベン・ライダー 相米慎二監督作品:監督 インタビュー

1982年11月上旬号

〈グラビア〉撮影現場訪問:ションベン・ライダー