男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シブがき隊 ボーイズ&ガールズ

  • しぶがきたいぼーいずあんどがーるず
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    48.5点(20人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982/7/10
上映時間 78分
製作会社 プルミエ・インターナショナル=ジャニーズ事務所
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督森田芳光 
脚本森田芳光 
企画ジャニー喜多川 
製作増田久雄 
三堀篤 
撮影鈴木耕一 
美術小川富美夫 
音楽監督義野裕明 
録音瀬川徹夫 
照明水野研一 
編集大島ともよ 
助監督森谷晁育 
スチール奥川彰 

キャスト

出演本木雅弘 大輔
薬丸裕英 公明
布川敏和 
宇紗木千恵 あゆみ
吉田麻子 久美
河上ゆかり 良子
宮尾すすむ オーナー
清水クーコ しのぶ
江藤博利 車の男
かたせ梨乃 沙織

解説

人気グループ“シブがき隊”の映画進出第一作で、三人の男子高校生がリゾート地で体験する恋と冒険の物語。脚本・監督は「の・ようなもの」の森田芳光、撮影は「とりたての輝き」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

あらすじ

大輔、公明、正の三人は東京のある全寮制男子高校の一年生。青春前期ごく平均的な大輔、ツッパリ屋だが、おっちょこちょいの公明、頭はいいけど内気な正。三人とも四月からの新しい生活に不満があったわけじやないけれど、五月、六月と過ぎるにしたがって、束縛感が芽生えてきた。どこというあてはないが、とりあえず自由な空間へ飛び出そう!三人は夏休みをひかえた七月のある日、舎監の目を盗んで寮から脱出した。彼らがやって来たのは東京からそう遠くないリゾート地。旅館に荷物をあずけて近くのテニスコートに遊びに行ったのはいいけれど、更衣室に三人の財布を置き忘れてしまった。結局、財布を紛失した三人はアルバイトで宿泊代を返すことにした。風呂掃除、布団しきと馴れない肉体労働に三人はフラフラだが、旅館の娘あゆみと、彼女の友人の久美、良子と仲良くなり状況は一変。なんとなく大輔とあゆみ、公明と久美、正と良子というカップルができあがっていた。だが、あゆみと大輔の仲を心配した父親が、もうアルバイトをしなくてもよい、と三人を追い出してしまった。旅館を後にした三人だが、彼らの脳裏には彼女たちの面影がこびりついて離れない。で、また旅館に戻ったのだが、あゆみたちも三人を追ってバスに乗っていたのだ。三人は旅館の自転車に乗ってバスを追い、やっと再会できた。このままでは別れたくないと意見が一致した六人は、とある別荘に入り込んだ。そこへテニスコートで知り会った沙織が倒れ込んできた。彼女をかいがいしく看護する少年たちに女の子たちは怒り、自転車に乗って出ていってしまった。だが、沙織が失恋したことと、しかもこの別荘の持ち主であることが分かった。翌日、沙織は別荘を使ってほしいとの置き手紙を残して東京にいる彼氏に会いに行った。三人はあゆみたちとの待ち合わせ場所へ急いだ。彼女たちの誤解はほどなく解けた。そして以前、彼らが紛失した財布をあゆみがあずかっていたことを告白、さらに感きわまったあゆみは大輔に「好きよ、ダ・イ・ス・ケ」! 翌朝、東京へ帰る三人を、あゆみたちがいつまでも見送っていた。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田芳光監督全映画 森田が語る27本 森田芳光監督 自作を語る/スタッフ&キャスト データ/作品解説:「シブがき隊 ボーイズ&ガールズ」

1982年9月上旬号

日本映画批評:シブがき隊・ボーイズ&ガールズ

1982年8月下旬号

日本映画紹介:シブがき隊・ボーイズ&ガールズ

1982年7月下旬号

グラビア:ボーイズ&ガールズ