男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鬼龍院花子の生涯

  • きりゅういんはなこのしょうがい
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.6点(224人)

  • 観たひと

    398

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル 文芸 / ドラマ
製作国 日本
製作年 1982
公開年月日 1982/6/5
上映時間 146分
製作会社 東映=俳優座映画放送
配給 東映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督五社英雄 
脚本高田宏治 
原作宮尾登美子 
企画佐藤正之 
日下部五朗 
プロデューサー奈村協 
遠藤武志 
撮影森田富士郎 
美術西岡善信 
音楽菅野光亮 
録音平井清重 
荒川輝彦 
照明増田悦章 
編集市田勇 
助監督清水彰 
スチール小山田幸生 

キャスト

出演仲代達矢 鬼龍院政五郎
岩下志麻 
夏目雅子 松恵
仙道敦子 少女時代の松恵
佳那晃子 つる
高杉かほり 花子
中村晃子 牡丹
新藤恵美 笑若
室田日出男 相良
夏木勲 兼松
佐藤金造 六蔵
アゴいさむ 丁次
益岡徹 
松野健一 冬喜
古今亭朝次 
淡九郎 辰吉
広瀬義宣 太市
峰蘭太郎 子分A
大矢敬典 子分B
福中勢至郎 子分C
大川ひろし 太刀山
宮川珠季 天神文吉
林彰太郎 秋本要造
勝野賢三 ちょろ松
永野佳寿江 女ご衆
中島俊一 車夫
岩下浩 山村建彦
誠直也 権藤哲男
梅宮辰夫 山根勝
岩尾正隆 駒田重蔵
成田三樹夫 辻原徳平
内田稔 梅田貫吉
小沢栄太郎 田辺源一郎
谷村昌彦 白井善七
清水郁子 きよ
山田良樹 教師
桜井稔 少年時代の拓
役所広司 近藤
浜田寅彦 加藤医師
笹木俊志 宮崎
宮城幸生 島田刑事
富永佳代子 きわ
丸山俊也 巡査
大月正太郎 検屍官
大木晤郎 刑事
森源太郎 刀商
津奈美里ん 小芳
有島淳平 看守A
丸平峰子 女中
福本清三 龍松一家の刺客A
池田謙治 龍松一家の刺客B
小谷浩三 龍松一家の刺客C
内田良平 末長平蔵
夏木マリ 秋尾
山本圭 田辺恭介
丹波哲郎 須田宇市
綿引洪 三日月次郎

解説

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、監督は「雲霧仁左衛門」の五社英雄、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。

あらすじ

大正十年、松恵は土佐の大親分・鬼龍院政五郎の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌が住み、向い家には妾の牡丹と笑若が囲われており、その向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松と赤岡の顔役・末長の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・秋尾の料亭からつるという娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田が仲裁に入り一応の決着はついたが、以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵は、女学校に入学した。昭和九年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を十六歳になった花子の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そして数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。十六歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の必死の看病も虚しく歌は死んだ。松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がにぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけたのはその夜のうちだった。それから二年後、政五郎は獄中で死んだ。そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっていた。

関連するキネマ旬報の記事

2015年9月下旬号

21世紀の夏目雅子・永遠に放射される魅力:夏目雅子の魅力溢れるこの一本「鬼龍院花子の生涯」

1982年7月下旬号

日本映画批評:鬼龍院花子の生涯

1982年7月上旬号

日本映画紹介:鬼龍院花子の生涯

1982年6月上旬号

グラビア:鬼龍院花子の生涯

試写室:鬼龍院花子の生涯