男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

自転車泥棒

  • じてんしゃどろぼう
  • LADRO DI BICICLETTE
  • THE BICYCLE THIEF

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    77.6点(291人)

  • 観たひと

    488

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1948
公開年月日 1950/9/8
上映時間 84分
製作会社 デ・シーカ・プロ
配給 イタリフィルム=松竹
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ランベルト・マッジォラーニ アントニオ・リッチ
エンツォ・スタヨーラ ブルーノ・リッチ
リアネーラ・カレル マリア・リッチ
ジーノ・サルタマレンダ バイオッコ
ビットリオ・アントノーチ 泥棒

解説

「靴みがき」に続いて監督のヴィットリオ・デ・シーカと脚本家のチェザーレ・ザヴァッティーニのコンビが発表したネオレアリズムの代表的傑作である。「靴みがき」同様素人俳優を起用したもので、この二作によりデ・シーカとザヴァッティーニコンビの映画づくりは完成の域に達した。

あらすじ

アントニオ(ランベルト・マッジォラーニ)は長い失業のすえ、ようやく映画のポスター貼りの仕事を得た。仕事に必要な自転車を質屋から請け出すために彼はシーツを質に入れた。六歳の息子ブルーノ(エンツォ・スタヨーラ)を車に乗せ、彼はポスターを貼ってまわった。ところがちょっとしたすきに自転車が盗まれてしまった。車がなければまた失業だ。アントニオは無駄とはわかっていても警察に行った。毎日何千台も盗まれている時だ、警察は相手にしてくれない。こうしてアントニオ親子の自転車探しがはじまった。ローマの朝早く、2人は古自転車の市場に行った。ここで泥棒らしき男に会うが、証拠がない。その男と話していた乞食の跡をつけるが、乞食も逃げ出す。途方にくれて女占い師を訪ねるが、もちろんなんの答えもでない。いらいらしてついブルーノにあたってしまう。偶然泥棒を発見したが、かえって仲間にやられそうになる。ブルーノの機転で警官が来るが、肝心の車はない。やけになったアントニオはとうとう競技場の外にあった自転車を盗んでしまうが、たちまち捕ってしまった。子供の涙の嘆願に許されるが、アントニオは恥かしさに泣き、そんな父の手をブルーノは黙ってとって、タ暮のローマの道に姿を消すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1950年復刊特別号

外國映畫批評:自轉車泥棒