男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あんなに愛しあったのに

  • あんなにあいしあったのに
  • C'eravamo Tanto Amati
  • C'eravamo Tanto Amati


  • 平均評点

    79.1点(15人)

  • 観たひと

    35

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 1974
公開年月日 1990/12/22
上映時間 124分
製作会社 ディーン・フィルム=ラ・デルタ
配給 シネセゾン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

同じ一人の女性を愛した3人の親友同士の30年間に渡る人生模様を、戦後イタリア映画の黄金時代への郷愁を織り混ぜて描いた、「ラ・ファミリア」のエットーレ・スコラの監督作品。製作はピオ・アンジェレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリ、原案・脚本はアージェ・スカルペッリとスコラ、撮影はクラウディオ・チリロ、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はニーノ・マンフレーディ、ヴィットリオ・ガスマンほか。フェデリコ・フェリーニらが特別出演。

あらすじ

第二次大戦中のレジスタンスの同志、アントニオ(ニーノ・マンフレーディ)、ジャンニ(ヴィットリオ・ガスマン)、ニコラ(ステファノ・サッタ・フロレス)の3人は戦後、故郷でそれぞれの生活を始める。ローマで病院の看護人をしていたアントニオは患者のルチアーノ(ステファニア・サンドレッリ)と恋に落ちるが、そんなさなか弁護士を目指しているジャンニに偶然再会し、恋の三つ巴の末にジャンニに彼女を奪われてしまう。一方、田舎で高校教師をしていたニコラもヴィットリオ・デ・シーカの「自転車泥棒」にショックを受け、映画評論家を志して妻子を残しローマに出てきていたが、その頃ジャンニは弁護を引き受けた建設業者の娘エリデ(ショヴァンナ・ラッリ)と結婚し、棄てられたルチアーノはアントニオと再会した時、一緒にいたニコラに優しく慰められ、彼と一夜の関係を結ぶ。そんな彼らの恋愛模様の上にも年月が過ぎ、折しもフェリーニの「甘い生活」のロケが行なわれているトレビの泉の前で、アントニオは女優への道を歩み始めたルチアーノと5年ぶりに再会し、何度かの衝突はあったものの、ついに彼女と結ばれる。そしてまた何十年かが過ぎた後、アントニオはジャンニとニコラに再会する。ジャンニは義父の会社の実権を手に入れていたが、エリデを交通事故で失い、今やアントニオの妻となったルチアーノの姿を前に彼女への愛が忘れられず、傷心を胸にその場を立去る。翌日、アントニオとルチアーノ、ニコラはジャンニの家を訪れるが、3人が目にしたのは余りにも孤独な彼の姿だった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年1月下旬号

外国映画批評:あんなに愛しあったのに

1991年1月上旬号

外国映画紹介:あんなに愛しあったのに

1990年12月下旬号

試写室:あんなに愛しあったのに

1990年12月上旬号

グラビア:あんなに愛しあったのに