男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

異邦人

  • いほうじん
  • The Stranger
  • ----


  • 平均評点

    71.2点(40人)

  • 観たひと

    65

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル 文芸
製作国 イタリア フランス アルジェリア
製作年 1968
公開年月日 1968/9/21
上映時間
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・シネマトグラフィカ=マリアンヌ・プロ=カスバ・フィルム
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アルベール・カミュの小説を「山猫」ほかヴィスコンティのほとんどの作品の脚本を書いているスーゾ・チェッキ・ダミーコと、カミュの親友エマニュエル・ロブレー、カミュの門弟ジョルジュ・コンションの三人が脚色、ルキノ・ヴィスコンティが監督した文芸異色作。撮影は「山猫」「ボッカチオ'70」のジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はピエロ・ピッチオーニが担当した。出演は「甘い生活」「昨日・今日・明日」「あゝ結婚」などイタリアの第一線スター、マルチェロ・マストロヤンニ、「気狂いピエロ」のアンナ・カリーナ、「明日に生きる」のベルナール・ブリエ、「恋人たちの世界」のジョルジュ・ウィルソンほか。製作はイタリアの世界的プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス。

あらすじ

第二次大戦前のアルジェ。平凡な一市民であり、サラリーマンであるムルソー(マルチェロ・マストロヤンニ)の母が養老院で死んだ。養老院は、アルジェから六十キロほど離れたマレンゴという町にある。暑い夜だった。ムルソーは、母の遺骸のかたわらで通夜をしたが、時間をもてあまし、タバコを喫ったり、コーヒーを飲んだりした。養老院の老人たちが、悔みの言葉を述べにきたが、ムルソーには、わずらわしかった。養老院の主事が最後の対面のために棺を開けようといったがムルソーは断った。その日、葬式をすませ、彼はアルジェに帰って来た。翌日は、かつて同じ会社にいたタイピストのマリー(アンナ・カリーナ)と会いフェルナンデルの喜劇映画をみて一緒に帰宅した。毎日、単調な生活をくり返しているムルソーにとって、唯一の変っていることといえば、レイモン・サンテとのつきあいだ。彼は売春の仲介をやっているという噂もある評判のよくない男だが、だからといってムルソーには、この男とのつきあいをやめる理由はない。ある日、レイモンが自室でアラビア娘をなぐる、という事件が起きた。警官が来て、ムルソーはレイモンに言われた通り質問に答えた。一方、マリーは、ムルソーと逢びきを続けていたがある日、結婚してほしいと言った。ムルソーは、どちらでもいい、と答えるのだった。ある日曜日、ムルソーとマリーは、レイモンと一緒に彼の友人が別荘を持っている海岸に出かけた。三人が海岸を散歩している時、三人のアラビア人に会った。そのうちの一人は、かつてレイモンに殴られた娘の兄だ。けんかが始まりレイモンは刺された。ムルソーは、彼を病院に運び再び海岸にもどった。暑さが激しく、太陽がまぶしかった。そこへ再び、さっきのアラビア人がきた。ムルソーは、あずかり持っていたピストルに手をかけ、二発、三発……。太陽が、ことさらに強い、夏の日のことだった。ムルソーは捕えられた。予審判事の尋問に、ムルソーは母の死んだ日のことからすべてを正直に話した。法廷でも、葬式の翌日、喜劇映画を見たことや、マリーと遊んだことを話した。検事も陪審員も、母親の死直後の彼の行動を不謹慎と感じたのだろう。絞首刑の宣告をした。獄舎にもどったムルソーは、神父の話を聞くことを拒んだ。神の言葉が一体なんなのだろう。母の死が、アラビア人の死が一体なんなのだろう。誰れもがいつかは死ぬ--彼はそう叫んだ。ムルソーは、こうして死を受け入れることによって、自由な存在の人間になったのである。

関連するキネマ旬報の記事

1968年10月下旬号

外国映画批評:異邦人

1968年8月上旬号

外国映画紹介:異邦人

1968年6月上旬号

特別グラビア:ヴィスコンティの「異邦人」

特集 「異邦人」とヴィスコンティ:爽快で重厚な映画造型美

特集 「異邦人」とヴィスコンティ:映像化された不条理の世界

特集 「異邦人」とヴィスコンティ 海外監督研究第2回 ルキノ・ヴィスコンティ研究:ルキノ・ヴィスコンティ全自作を語る(付・全資料)

特集 「異邦人」とヴィスコンティ 海外監督研究第2回 ルキノ・ヴィスコンティ研究:映画作家ヴィスコンティの秘密

1968年3月下旬号

特集 '68ことしの外国映画総展望:イタリア 「異邦人」からマカロニ西部劇まで