男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シャーロック・ホームズの素敵な挑戦

  • しゃーろっくほーむずのすてきなちょうせん
  • The Seven-Per-Cent Solution
  • ----


  • 平均評点

    68.2点(41人)

  • 観たひと

    65

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1977/4/16
上映時間 0分
製作会社 セラーズ=ウィニッキー・プロ
配給 CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

極度の麻薬中毒に陥っているシャーロック・ホームズが、フロイドの力をかりて事件を解決する後日談的ストーリー。製作総指揮はアレックス・ウイニッキー、アーレン・セラーズ、製作・監督は「シーラ号の謎」のハーバート・ロス、脚本・原作(立風書房刊)はニコラス・メイヤー、撮影はオズワルド・モリス、音楽はジョン・アディソンが各々担当。出演はアラン・アーキン、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ロバート・デュヴァル、ニコル・ウィリアムソン、ローレンス・オリヴィエなど。(イギリス)

あらすじ

1891年春。ワトソン(ロバート・デュヴァル)は、ベーカー街にホームズ(ニコル・ウィリアムソン)を訪れた。なぜならばホームズが、コカイン中毒となり、モリアーティを倒せと、熱にうなされていたからだ。かたわらにはコカインを7%の溶液に薄める注射器が。ホームズに追い出されたワトソンを家で待っていたのは、モリアーティ教授(ローレンス・オリヴィエ)だった。教授は、ホームズから意味のない迫害をうけていると、ワトソンに訴えるが、昔、ホームズの家庭教師を教授がしていた話になると、口をつぐんでしまう。過去の何かが今、ホームズを苦しめていると考えたワトソンは、最近注目の心理学者フロイド(アラン・アーキン)に彼を頼もうと、妻やホームズの兄の助けをかりて、ホームズをウィーンへ連れ出した。こうして治療は数日に渡って続いたものの、以前のホームズには戻れないとワトソンは思った。ある日、フロイドの患者ローラ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)が、再び麻薬で自殺を計ったという連絡。なんとか病院にかつぎ込まれた彼女は、保護者と名乗るラインスドルフ(ジェレミー・ケンプ)に連れ去られた。さてホームズの出番だ。推理は冴え、ラインスドルフが多額の借金を帳消しにするため、ローラを誘拐したものと判明。かくて、ホームズの勇猛ぶりに、犯人はつかまった。事件は一段落し、ホームズの中毒原因を、というワトソンにフロイドは謎を解き明かした。彼の幼少の頃、母がモリアーティと密通し、それを知った父が母を殺したからだ。数日後、ロンドンへ戻る船の中に全快したホームズの姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

1977年4月下旬号

外国映画批評:シャーロック・ホームズの素敵な挑戦

1977年3月下旬号

外国映画批評:シャーロック・ホームズの素敵な挑戦

外国映画批評:シャーロック・ホームズの素敵な挑戦

1977年3月上旬号

グラビア:「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」