男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ルードウィヒ 神々の黄昏

  • るーどうぃひかみがみのたそがれ
  • Ludwig
  • Ludwig

amazon


  • 平均評点

    78.5点(73人)

  • 観たひと

    138

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル 伝記 / 歴史劇 / ドラマ
製作国 イタリア 西ドイツ フランス
製作年 1972
公開年月日 1980/11/8
上映時間 184分
製作会社 メガ・フィルム=ディータ・ボターリア・プロドゥクツィオーン=ディフィナ・フィルム=シネテル
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

時代は19世紀、若くしてバイエルンの国王となったルードウィヒが国家から退位を強いられ40歳で謎の死をとげるまでの狂気ともいえる孤独な半生を描く。製作総指揮はロバート・ゴードン・エドワーズ、製作はルチオ・トレンティーニ、監督は「イノセント」のルキノ・ヴィスコンティ、脚本・原案はヴィスコンティ、エンリコ・メディオーリとスーゾ・チェッキ・ダミーコ、撮影はアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はリヒャルト・ワグナー、ロべルト・シューマンとジャック・オッフェンバックのオリジナルをフランコ・マンニーノが演奏、編集はルッジェーロ・マストロヤンニ、美術はマリオ・キアーリとマリオ・シッシ、衣裳はピエロ・トージが各々担当。出演はヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、トレヴァー・ハワード、シルヴァーナ・マンガーノ、ゲルト・フレーベ、ヘルムート・グリーム、イザベラ・テレジンスカ、ウンベルト・オルシーニ、ジョン・モルダー・ブラウン、ソニア・ぺトロヴァ、フォルカー・ボーネット、ハインツ・モーグ、アドリアーナ・アスティ、マルク・ポレルなど。

あらすじ

1864年、18歳のルードウィヒ(ヘルムート・バーガー)は、父の後を継いでバイエルンの国王となった。ミュンヘンの城での戴冠式は、盛大に行なわれ、若い繊細な心を持った王が誕生した。ルードウィヒは、オーストリア皇帝の妃である従姉のエリザベート(ロミー・シュナイダー)を慕っており、公的な生活から解放されると、エリザベートと共に、野山を馬で走り、音楽や詩について語り合った。彼はまた、作曲家リヒャルト・ワグナー(トレヴァー・ハワード)に心酔しており、彼のパトロンとなって莫大な費用をかけ、歌劇“トリスタンとイゾルデ”の上演を実現させたりした。このルードウィヒのワグナーへの財政的援助は、しかし、人々の非難を呼びおこしていた。この現実逃避に傾斜してゆくルードウィヒの心を誰よりも見ぬいているのはエリザべートだった。彼女は、ルードウィヒが彼女を慕っていることも承知で、自分の妹ソフィー(ソニア・ぺトロヴァ)を婚約者として彼に勤めた。1866年、プロイセンとオーストリアとの兄弟戦争で、オーストリアの盟友としての参戦を拒んだルードウィヒは、戦場に赴かず、べルクの城にこもっていた。弟のオットー王子(ジョン・モルダー・ブラウン)は、戦場から焦悴しきって戻って来た。そして、忠実な臣下デュルクハイム大佐は(ヘルムート・グリーム)は、気ままな生活をおくるルードウィヒに現実の辛さを説くのだった。それから間もなくソフィーとの婚約を受け入れたルードウィヒは、しかし、すでにエリザべート以外の女性ヘの興昧は失せており、むしろ、美しい青年に心惹かれだしていた。結局はソフィーとの婚約は解消した。そのころ、ビスマルクが提唱していた“大ドイツ統一”が実現することになり、バイエルン王国もそれに加盟することを余儀なくされた。オットー王子が精神に異常をきたすなど辛いことが重なっていたルードウィヒとはうらはらに、かねてから噂になっていた、リストの娘でワグナーのお抱え指揮者の妻であったコジマ(シルヴァーナ・マンガーノ)を夫人に迎えていたワグナーはコジマの誕生パーティを祝ったり、二人の間の子ともども幸せな生活を送っていた。今やルードウィヒに残されたものは、莫大な国財で造らせた三つの城だけだった。孤独にさいなまれた彼はウィーンから役者を招いて、城に造った洞窟で日夜詩を暗誦させたりしていた。この荒んだ王の生活を見かねた有力な貴族たちは、会議を開き、国王廃位を計った。査問委員会を設け、国王に近しい臣下たちから“ご乱心”を立証する証言をひきだし、精神科医グッデン(ハインツ・モーグ)が偏執狂と診断した。ルードウィヒはノイシュヴァンシュタインを追われ、べルクの城で幽閉生活を強いられた。ある日、グッデンを供に連れて庭園の散歩に出かけたルードウィヒは、その夜、湖で溺死体となって発見された。1886年のことである。グッデンを道連れにした自殺だと言われているが、その真相は明らかにされていない。

関連するキネマ旬報の記事

1981年1月上旬号

外国映画批評:ルードウィヒ 神々の黄昏

1980年11月下旬号

外国映画紹介:ルードウィヒ・神々の黄昏

1980年11月上旬号

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:1 ヴィスコンティの偉大なる遺産

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:2 「新うたかたの記」とルードウィヒ

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:3 ヨーロッパを暗示するピアノ曲の孤独な音

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:4 誰もの中に棲みついている狂気

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:5 雪、水、城、白馬、そして魂の不滅

「ルードウィヒ -神々の黄昏-」特集:6 ヴィスコンティの原体験