男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インドへの道

  • いんどへのみち
  • A Passage To India
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.1点(88人)

  • 観たひと

    140

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1984
公開年月日 1985/8/3
上映時間 0分
製作会社 ジョン・ブラボーン=リチャード・グッドウィン・プロ
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

インドに旅した英国娘を通し、異民族文化同士の出会いと摩擦を描く。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督・脚色・編集は「ライアンの娘」以来14年ぶりのデイヴィッド・リーン、原作はE・M・フォースター(筑摩書房刊/この小説に基づくサンサ・ラマ・ルウ脚色の舞台もベースとなっている)、撮影はアーネスト・デイ、音楽はモーリス・ジャールがそれぞれ担当。出演はジュディ・デイヴィス、ヴィクター・バナルジ、ペギー・アシュクロフト、ジェームズ・フォックス、アレック・ギネス、ナイジェル・ヘイヴァースなど。

あらすじ

第一次大戦後の英国の植民地インドのチャンドラボアへ、英国娘アデラ(ジュディ・デイヴィス)は婚約者ロニー(ナイジェル・ヘイヴァース)を訪ねた。彼は治安判事で、アデラの同行者ムーア夫人(ペギー・アシュクロフト)は彼の母だ。東洋の神秘に期待したアデラとムーア夫人は、英国人の優越意識と、それを憎悪するインド人の対立感情の存在を知るのだが、インド人医師アジズ(ヴィクター・バナルジ)やインド人哲学者ゴッドボール(アレック・ギネス)、英国人教授フィールディング(ジェームズ・フォックス)と知り合い、数日後、アデラらはアジズの誘いで、マラバー洞窟へ行く。小さな叫びも不気味な大反響音となる洞窟。ムーア夫人ら一行を残し、アジズとアデラはさらに山頂の別の洞窟へ向かい、一人で洞窟に入ったアデラは、はぐれてしまったアジズの声にわけの分らぬ恐怖にかられ、急に一人で走って下山した。一方、彼女を見失ったアジズは、ムーア夫人らの待つ所へ下り、後から着いたフィールディングらと急拠チャンドラボアへ戻るが、アジズは駅で逮捕される。理由はアデラに暴行したとのことで彼女を山で助けたカレンダー夫人(アン・ファーバンク)が告訴し、アデラも同意したからだ。フィールディングの抗議も空しく、裁判は始まり、インド人の反英感情は高まる。アジズに有利な証言をされてはと、息子に帰国をすすめられたムーア夫人は帰路洋上で死亡。だが、証言台で、アデラはアジズの無罪を認め告訴を取り下げた。彼女の勇気に感じ入るフィールディングはいったん帰国するが、数年後、ムーア夫人の娘で新妻ステラ(サンドラ・ホッヅ)と共に、ヒマラヤ近くの田舎町で開業医となったアジズと再会する。新妻がアデラだと思っていたアジズはフィールディングへの心のしこりも消え、後日、英国にいるアデラに手紙を書いた。「正直に証言した貴女の勇気に感謝するのに、長い時間がかかった」と--。

関連するキネマ旬報の記事

1985年10月下旬号

外国映画紹介:インドへの道

1985年9月上旬号

外国映画批評:インドへの道

1985年7月下旬号

グラビア:インドへの道

特集 インドへの道 デビッド・リーン監督作品:監督インタビュー

特集 インドへの道 デビッド・リーン監督作品:作品評

特集 インドへの道 デビッド・リーン監督作品:作品評

特集 インドへの道 デビッド・リーン監督作品:原作と映画の比較

特集 インドへの道 デビッド・リーン監督作品:分析採録

1985年5月下旬号

〈特別グラビア〉スペシャルセレクション:インドへの道

1985年4月上旬号

試写室:インドへの道