男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ノスフェラトゥ

  • のすふぇらとぅ
  • Nosferatu-Phantom der Nacht
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.2点(100人)

  • 観たひと

    160

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 西ドイツ フランス
製作年 1978
公開年月日 1985/12/14
上映時間 0分
製作会社 ヴェルナー・ヘルツォーク・プロ=ゴーモン
配給 シネマテン=パルコ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

22年にムルナウが発表したブラム・ストーカー原作の小説の映画化のリメイクで、悪の象徴で災禍をもたらすドラキュラ伯爵の孤独な宿命を描く恐怖映画。製作・脚本・監督は「緑のアリの夢見るところ」のヴェルナー・ヘルツォーク、撮影はヨルク・シュミット・ライトヴァイン、音楽はポポル・ヴー、メイクアップは麗子クルックとドミニク・コラダンが担当。出演はクラウス・キンスキーほか。

あらすじ

中世ドイツのブレーメンに住む不動産業者ジョナサン・ハーカー(ブルーノ・ガンツ)は、トランシルヴァニアのドラキュラ伯爵から新しい邸を買いたいという求めに応じて長い旅に出た。黒海近くのドラキュラ邸まで4週間もかかるというこの旅に、妻のルーシー(イザベル・アジャーニ)は不安を抱いた。しかし、大金が入りルーシーのために新しい家を買うことができると、ジョナサンは勇んで出かけた。旅の途中、彼は宿の主人に「ドラキュラ邸には悪霊が潜んでおり二度と生きて帰った人はいない」と不吉なことを言われた。どの馬車も、ドラキュラ邸に行くと言うと断られ、ジョナサンは徒歩で旅を続けた。やがて通りかかった馬車に乗ってやっと辿りついたドラキュラ邸では、伯爵(クラウス・キンスキー)が、丁重なもてなしで彼を迎えた。白面で血の気のない不気味な面相の伯爵は、爪も異様に長く、囁くような声でジョナサンに接した。夜中、パンを切ろうとして指を切ったジョナサンに、血を吸ってあげると言う伯爵。その頃、家ではルーシーが悪夢にうなされていた。伯爵は契約書にサインするが、その時、ジョナサンが持っているペンダントに入った美しいルーシーの写真に魅了された。伯爵はルーシーへの燃えるような愛と情熱にとりつかれたのだ。数日過ごすうちに、伯爵の態度に不審を抱いたジョナサンは、その夜、伯爵に襲われ血を吸われる。一方ルーシーは急性の熱病に冒され夢遊病者のように町をさまよっていた。伯爵は棺にネズミをつめこみ自分もそこに横たわって帆船に積みこませ、黒海に乗り出した。ジョナサンはその姿を目撃し後を追った。帆船ではネズミがはびこり、船員らが次々に疫病にかかって死んでしまう。船長を含めて全員が息絶えた。町はネズミに溢れ、ペストが広まった。ジョナサンもルーシーを守ろうと、ブレーメンに急ぐが、すでに彼は脳がおかしくなっており、いざルーシーに会っても正体がわからなくなっていた。鏡の前に立つルーシーのもとにドラキュラがやって来た。棺の中にあったジョナサンの日記でドラキュラの存在を知っていたルーシーは、すべてを悟った。彼女は吸血鬼のことが明記されている本でドラキュラを滅ぼす方法を知った。ドラキュラは十字架を恐れ、聖餅をきらい、淑女が鶏鳴を聞く朝までおびきよせ、朝日を浴びせると死ぬという。町に死人の棺の列が続いた。ルーシーは自分が犠牲になることを決心した。ある夜、ルーシーはドラキュラを寝室に迎えた。ドラキュラに愛撫されながら朝を必死に待つルーシー。やがて、鶏の鳴く声がした。朝日を浴びて倒れるドラキュラ。ドラキュラの死体を発見した医師は、十字架のクイを打った。その時ジョナサンは、新しいドラキュラとなって甦るのだった--。

関連するキネマ旬報の記事

1986年3月下旬号

外国映画批評:ノスフェラトウ

1986年2月下旬決算特別号

外国映画紹介:ノスフェラトウ

1985年12月下旬号

グラビア:ノスフェラトゥ

小特集 ノスフェラトゥ:

1979年9月下旬号

キネ旬試写室:吸血鬼ノスフェラトゥ