男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

魅せられて(1996)

  • みせられて
  • Stealing Beauty
  • Stealing Beauty

amazon


  • 平均評点

    65.0点(61人)

  • 観たひと

    125

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ / ラブロマンス
製作国 アメリカ イギリス イタリア フランス
製作年 1996
公開年月日 1996/8/3
上映時間 118分
製作会社 ジェレミー・トーマス(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ=レコーデッド・ピクチャーズ・カンパニー=UGCイメージズ 提供)
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

イタリア、トスカーナ地方を舞台に、19歳のアメリカ人の少女のひと夏の体験を描く青春映画。監督は「シェルタリング・スカイ」「リトル・ブッダ」のベルナルド・ベルトルッチで、『ある愚か者の悲劇』(V、81)以来、15年ぶりに故国イタリアに戻って監督したことも話題に。製作はベルトルッチとは「ラストエンペラー」以来のパートナーであるジェレミー・トーマス。ベルトルッチ自身の原案をもとに、小説家スーザン・ミノーが初の映画脚本を執筆。撮影は「暗殺のオペラ」(70)以来のコンビ、ヴィットリオ・ストラーロに代わって、「セブン」のダリウス・コンディが担当。音楽は「ロッキー・ホラー・ショー」のリチャード・ハートレイ。美術は「シェルタリング・スカイ」のジャンニ・シルヴェストリ。編集は「リトル・ブッダ」のピエトロ・スカリア。衣裳は「さすらいの二人」などのルイーズ・スターンスワードで、ワードローブ提供はジョルジョ・アルマーニ。録音は「ラストエンペラー」(アカデミー賞受賞)以来の仲のアイヴァン・シャーロック。主演はヒロインにモデル出身のリヴ・タイラー。本作のためオーディションで選ばれ、実質的にメジャー・デビュー。共演は「ダイ・ハード3」のジェレミー・アイアンズと、その夫人で「尼僧の恋」などのシニード・キューザック、「スターダスト」のドナル・マッキャン、「オルフェ」の名優ジャン・マレー、「1900年」以来のベルトルッチ映画復帰となるステファニア・サンドレッリなどが顔を揃える。

あらすじ

ルーシー(リヴ・タイラー)は詩人だった母サラの自殺後、トスカーナ地方に住む母の旧友たちを訪ねる。理由のひとつは20年来ここに住んでいる彫刻家イアン(ドナル・マッキャン)のモデルを勤めることだが、自分の本当の父を探すという目的もあった。イアンと妻ダイアナ(シニード・キューザック)の所には娘ミランダ(レイチェル・ワイズ)とその愛人リチャード(D・W・モフィット)や人気人生相談のノエミ(ステファニア・サンドレッリ)、画商のギヨーム氏(ジャン・マレー)、それに白血病で余命いくばくもない作家のアレックス(ジェレミー・アイアンズ)らも逗留している。ルーシーはアレックスに親しみを感じ、自分がまだ処女であることなどを打ち明ける。アレックスは彼女と会って生気を取り戻す。数日後、夫妻の息子クリトファー(ジョゼフ・ファインズ)とその親友ニコロ(ロベルト・ジッティ)がトルコ旅行から帰ってきた。ニコロは実は彼女の初恋の人で、一目で彼女に関心を示す。一方その弟のオスヴァルド(イグナッツィオ・オリヴァ)は居心地が悪そうだ。ルーシーは母の知人だった戦争記者のカルロ(カルロ・チェッキ)やアレックスこそ実の父ではと思うが、どちらも違うようだ。ニコロやリチャードがルーシーに迫るが、彼女は拒絶。ニコロたちの家で毎年好例のパーティーがある。ルーシーはこれみよがしに英国人の男を家に連れ帰るが、アレックスたちに見せつけておきながらその実、別々のベッドで寝ただけだった。翌朝、アレックスの病状が急変し、皆に永遠の別れを告げて病院に運ばれる。ミランダはリチャードと別れる決心をした。イアンがルーシーをモデルに彫っていた作品が完成、彼女は実はイアンこそ父であったことを知る。その日の夕方、オスヴァルドがルーシーに五年前から彼女が好きだったこと、彼女がニコロからだとばかり思っていた恋文が実は自分のものだったことを明かす。大きな木の麓で、彼女は彼と初めての性を体験した。翌朝、彼は彼女と一緒にアメリカに行くことを約束し、「僕も初めてだったんだ」と告げた。

関連するキネマ旬報の記事

1996年11月上旬特別号

劇場公開映画批評:魅せられて

1996年9月上旬号

外国映画紹介:魅せられて

1996年8月上旬号

特集 魅せられて:作品評

特集 魅せられて:ベルナルド・ベルトルッチ インタビュー

特集 魅せられて:ベルトルッチと「魅せられて」