男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

田中徳三

  • Tokuzo Tanaka
  • 監督
本名
出身地 大阪市船場
生年月日 1925/09/15
没年月日 2007/12/20

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【プログラムピクチャーに新風を吹き込んだ職人肌の作家】大阪市の生まれ。関西学院大学文学部を卒業後、スマトラ島で終戦を迎え復員。1948年、大映に入社して、森一生、溝口健二、黒澤明、市川崑、伊藤大輔らに助監督としてついた。58年の「化け猫御用だ」で監督デビュー。以後、大映京都で市川雷蔵主演の「濡れ髪三度笠」(59)、「鯉名の銀平」(61)など主に時代劇を撮り、長谷川一夫主演の「疵千両」(60)では日本映画監督協会新人賞を受賞している。伝統的な時代劇の格調高さと若々しい力があふれる田中の作風は、63年の雷蔵主演作「手討」で高い水準の結実を見た。さらに66年に発表した「大殺陣・雄呂血」はかつて阪東妻三郎が演じた反逆の侍を雷蔵が演じたリメイク版。こちらもチャンバラ映画の魅力を存分に描いた佳編となった。その間、61年には着流しスタイルの勝新太郎とジャンパー姿の田宮二郎を組み合わせた異色の仁侠映画「悪名」のメガホンを撮り、男女の情感を謳い上げた秀作にまとめて、のちの人気シリーズの素地を作った。同作で京都市民映画祭監督賞、日本映画監督協会特別賞を受賞。「悪名」シリーズは主に森一生と交代で、全16作中8作を田中が監督している。その後も、勝新太郎の当たり役「座頭市」を三隅研次・森一生の後を受けて3作演出。さらに第1作と第10作を監督した雷蔵主演「眠狂四郎」、増村保造の後を受けシリーズ全9作のうち6作の監督をつとめた勝主演「兵隊やくざ」と、大映の看板シリーズの演出を次々と手がけ、大映黄金時代を支えた。【大映倒産後はテレビ時代劇で活躍】その後、大映は71年に倒産。田中は最後まで専属監督だったが、それ以降はフリーとしてテレビ時代劇に活躍の場を移し、『鬼平犯科帳』『剣客商売』『必殺仕事人』『座頭市物語』『遠山の金さん』『三匹が斬る』などの人気シリーズを演出。萩原健一主演の『祭りばやしが聞こえる』や2時間サスペンスなど現代劇も含め、多数のドラマを撮る。劇場映画は大映を離れて以後、75年の天理教教祖・中山みきの生涯を描いた「扉はひらかれた」が唯一の演出機会だったが、2007年に、吉本興業が所属の芸人らに計100本の中短編を監督させるという「YOSHIMOTODIRECTOR.S100」プロジェクトの1本、河内音頭の第一人者・河内家菊水丸の少年時代を描いた短編「少年河内音頭取り物語」でドラマ部分の演出を担当。この作品は河内家菊水丸が監督した「田中徳三監督・少年河内音頭取り物語」(07)として上映された。これが事実上の遺作となり、同年12月に脳出血のため死去した。

キネマ旬報の記事

2003年10月下旬号

DVDコレクションスペシャル インタビュー:田中徳三

1997年臨時増刊 天晴れ!時代劇

勝新太郎メモワール:インタビュー田中徳三 ぼくと組んだ「悪名」で勝ちゃんはアウトローのキャラクターをつくった

1997年8月下旬上半期決算号

特別追悼特集 役者魂 勝新太郎:座談会 田中徳三×西岡善信×森田富士郎×山根貞男

1992年6月下旬号

特別企画 勝新太郎と市川雷蔵 甦った二人の男:田中徳三監督 インタビュー

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1963年11月上旬号

勝新太郎と「悪名」「座頭市」ヒットの周辺:勝新太郎と私 生れつきの役者

1962年8月下旬号

特写グラビア:ある日の・・・ 田中徳三

1961年10月下旬号

秋の日本映画大作展望:悪名(田中徳三)

1961年10月上旬秋の特別号

特集 時代劇映画の新設計図:時代劇映画・なにが必要か 演出の現代性

1961年4月上旬春の特別号

特集 演出における私の角度:時代劇の中の私