男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

和久井映見

  • Wakui Emi
  • 出演
本名 和久井良子
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1970/12/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。本名・和久井良子。埼玉県立川口青陵高校在学中に、スカウトされて芸能界入り。CM等で活躍する傍ら1988年のフジテレビ『花のあすか組!』で女優デビューし、同局『スワンの涙』『愛しあってるかい!』89、『すてきな片想い』90など、トレンディドラマ全盛の時代にどこかアンニュイな空気をまとった個性が脇で光った。映画初出演は89年の原隆仁監督「べっぴんの町」。続く小平裕監督の青春ミステリー「ぼくと、ぼくらの夏」90では早くも主演をつとめ、透明感のある芝居と端正なルックスで注目を集める。翌91年には、金子修介監督「就職戦線異状なし」と山田洋次監督「息子」で好演し、特に後者で演じた永瀬正敏の恋人となる聾唖者の女性・川島征子役が評判で、キネマ旬報賞、日本アカデミー賞、ヨコハマ映画祭などの助演女優賞を多数受賞する。93年の松山善三監督「虹の橋」では、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。サントリー『モルツ』などCMにも多数起用されて好感度も上昇し、日本酒造りに打ち込むヒロインを演じた『夏子の酒』94、大企業の御曹司と恋に落ちる平凡なヒロインに扮した『妹よ』95、知的障害者の主人公を真摯に演じた『ピュア』96、ボクシングの世界に足を踏み入れる元OLの主人公を好演した『殴る女』98など、フジテレビの連続ドラマで次々と主演をつとめる。その間の95年11月、『夏子の酒』で共演した萩原聖人と結婚。99年に長男を出産する前後は仕事をセーブした時期もあったが、以後は主に助演に回り、TBS『世界で一番熱い夏』01、『First Love』02、『恋文・私たちが愛した男』03、テレビ朝日『動物のお医者さん』03、日本テレビ『あいのうた』05などのドラマで得難い存在感を発揮する。2003年に萩原と離婚。山中貞雄の名作の再映画化「丹下左膳・百万両の壺」04で9年ぶりに映画復帰してからは、君塚良一監督「MAKOTO」05、大森寿美男監督「風が強く吹いている」09、鈴木雅之監督「プリンセストヨトミ」11など映画出演が続いている。07年のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロイン・貫地谷しほりのキュートな母親役も評判を呼んだ。

キネマ旬報の記事

2004年7月下旬号

HOT SHOTS:和久井映見

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:和久井映見

1992年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演女優賞 和久井映見

1991年11月上旬号

ビデオ:Knock on the People 和久井映見