男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

太地喜和子

  • Kiwako Taichi
  • 出演
本名 太地(たいじ)喜和子
出身地 東京都中野区本町通の生まれ
生年月日 1943年12月2日
没年月日 1992年10月13日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

高校生の時に東映六期ニューフェイスとなり一年間の養成期間ののち1960年4月、東映と専属契約。同期に千葉真一、亀石征一郎、新井茂子がいる。1961年、志村妙子の芸名で「悪魔の手毬唄」でデビュー。「二人だけの太陽」「東京新選組」(1961)、「白い熱球」「胡蝶かげろう剣」(1962)などに出演。1963年3月、東映と解約。1964年、俳優座養成所に十六期生として入る。同期に古谷一行、河原崎建三、片山真由美がいる。1967年、養成所卒業と同時に文学座に入団。同年西村昭五郎監督「花を喰う蟲」に主演。その演技を新藤兼人監督に認められ、翌68年の「薮の中の黒猫」に猫の妖怪役で中村吉右衛門、乙羽信子と共演、大熱演で一躍有名になった。その後は「弾痕」(1969)、「裸の十九歳」「やくざ絶唱」(1970)、「顔役」(1971)、「喜劇・男の泣きどころ」(1973)、「喜劇・女の泣きどころ」1975)などに助演した。1976年、山田洋次監督「男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け」で十七代目のマドンナ役に起用され、その好演で、キネマ旬報助演女優賞、第一回報知映画賞助演女優賞を受賞。『タンゴ』(1968)で初舞台を踏み舞台に進出、以来『欲望という名の電車』『花の館』『ハムレット』『越後つついし親不知』『薮原検校』『近松心中物語』『唐人お吉』など多数に出演している。1992年10月13日事故により死去。

キネマ旬報の記事

1979年1月上旬新年特別号

特集 「男はつらいよ・寅次郎春の夢」:歴代マドンナから寅さんへのラブレター

1977年4月下旬号

メモリアル・ポート:第2回 太地喜和子

1977年3月上旬号

キネマ旬報主演・助演賞の人々:太地喜和子

1977年2月下旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:助演女優賞 太地喜和子