男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

斉藤慶子

  • Saito Keiko
  • 出演
本名
出身地 宮崎県小林市
生年月日 1961/07/14
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

宮崎県小林市の生まれ。熊本大学在学中の1982年、日本航空の沖縄キャンペーンガールに選ばれてCMに出演。同大出身の宮崎美子と並んで、いわゆる“女子大生タレント”の草分け的存在として人気を集める。やがて女優業にも進出。栗山富夫監督のデビュー作となったライトコメディ「いとしのラハイナ」83で映画初出演を果たしたあとは、テレビのバラエティ番組やラジオのディスクジョッキーなどで活躍する一方、日本テレビ『昨日、悲別で』84、テレビ朝日『私鉄沿線97分署』85など次第にテレビドラマでも大きな役を得るようになっていった。85年に大学を中退。翌86年には、根岸吉太郎監督の辛口ホームドラマ「ウホッホ探険隊」に出演し、陣内孝則扮する傍若無人なミュージシャンの妻を好演した。90年にはピンク映画出身の廣木隆一が監督した「さわこの恋」で映画初主演。日常に飽き、身元を偽って男との恋愛に溺れるOLの姿を官能的に演じた。94年、東映のヒット作「極道の妻(おんな)たち」シリーズの第7作「惚れたら地獄」で、若く激しい“極妻”役に扮してさらに新境地を開き、同年の関本郁夫監督「東雲楼・女の乱」では主役もかすむ熱演を見せ、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得した。その後は活動の中心はもっぱらテレビとなり、各局の2時間サスペンスやバラエティに数多く出演して存在感を発揮している。映画の最近作は“モーニング娘。”主演の「仔犬ダンの物語」02で、子役・清水佐紀(現・Berryz工房)の母親役を演じている。テレビドラマはほかに、NHK大河ドラマ『秀吉』96、連続テレビ小説『天うらら』98、『わかば』04、テレビ朝日『遠山の金さん』91~92、『夜光の階段』09、TBS『十年愛』92、『海まで5分』98、『弁護士・迫まり子の遺言作成ファイル』99~03、『虹のかなた』04、『特急田中3号』07、フジテレビ『親愛なる者へ』92、『愛情物語』93、『100億の男』95、『愛のソレア』04、テレビ東京『命のバトン・最高の人生の終わり方』09など。私生活では97年に実業家の男性と結婚、2000年に長女をもうけるが、08年に離婚した。

キネマ旬報の記事