男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

中村雅俊

  • Masatoshi Nakamura
  • 出演/音楽/ナレーション
本名
出身地 宮城県牡鹿郡女川町
生年月日 1951/02/01
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

宮城県牡鹿郡女川町の生まれ。慶応大学経済学部在学中の1973年、ESSの英語劇に出て芝居に興味を持ち、文学座付属演劇研究所に入所。翌74年の大学卒業とともに文学座に入団し、日本テレビ『われら青春!』の熱血教師・沖田役に抜擢される。自ら歌った挿入歌『ふれあい』も大ヒットとなり、同曲がモチーフの市川泰一監督「ふれあい」で映画初主演。ジーンズに長髪の飾らないスタイルが受けて、瞬く間にスターダムを駆け上がる。圧倒的人気を得る場となったのは日本テレビで放送された一連の主演ドラマで、文学座の先輩・松田優作とコンビを組んだ『俺たちの勲章』74、生き方を模索する若者たちを描いた『俺たちの旅』75、型破り教師を演じた『ゆうひが丘の総理大臣』78などが軒並みヒットする。NHK大河ドラマ『花神』77の高杉晋作役も喝采を浴び、70年代屈指の青春スターに。以降もNHK大河ドラマ『おんな太閤記』81の豊臣秀長、日本テレビ『白虎隊』86の坂本龍馬など歴史上の人物を演じたのをはじめ、数多くのドラマに主演。歌手としても毎年ツアーを行ない、『心の色』『恋人も濡れる街角』などの曲をヒットさせる。前田陽一監督「喜劇・家族同盟」83など秀作がありつつも映画ではやや影が薄かったが、92年の原隆仁監督「夜逃げ屋本舗」がヒット。続編2作とドラマ版も作られ、借金苦の人々を痛快に救う夜逃げ屋社長・源氏雅彦役は代表作となる。長く青春スターのイメージが強かったが、秋山貴彦監督「HINOKIO」05などでは父親の思いを演じるようになり、団塊世代の恋を描いた山田太一脚本のテレビ朝日『まだそんなに老けてはいない』07などを経て、森田芳光監督「武士の家計簿」10では鷹揚とした祖父役。率直な爽やかさを保ちながらファンとともに年輪を重ねる。77年、『俺たちの勲章』で共演した五十嵐淳子と結婚。一男三女があり、長男・俊太は2001年に俳優としてデビューしたが、のちに引退した。

キネマ旬報の記事

2010年12月上旬号

巻頭特集「武士の家計簿」:中村雅俊インタビュー

2005年7月下旬号

フロント・インタビュー:中村雅俊

1985年1月下旬号

ザ・インタビュー:中村雅俊