男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

佐藤めぐみ

  • Sato Megumi
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1984/11/17
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。中学生の時にスカウトされ、事務所に入って演技レッスンに通う。女優デビュー作は2001年のTBS『3年B組金八先生』の第6シリーズで、クラス構成に欠かせないマドンナ的な女生徒・赤嶺繭子役。情緒不安定なクラスメートや事情を抱えた転校生の面倒を甲斐甲斐しくみる少女の母性を素直に演じた。02年、日本テレビが選ぶイメージガール“日テレジェニック2002”のひとりに選ばれ、DVDや写真集を発売。テレビドラマは日本テレビに限らず、TBS『砂の器』04、フジテレビ『冬空に月は輝く』04などに出演。CMやバラエティ番組にもコンスタントに起用される。映画初出演は車椅子バスケが題材の青春映画「ウィニング・パス」04で、松山ケンイチ、堀北真希と共演。続く鈴井貴之監督「銀のエンゼル」04では準主役をつとめ、北海道のとある町のコンビニ店長の父親(小日向文世)と和解する娘役を好演する。05年、金守珍監督「ガラスの使徒(つかい)」では唐十郎と共演。また原作小説と映画がともに大ヒットした『世界の中心で、愛をさけぶ』の舞台版に抜擢され、ヒロイン・廣瀬亜紀役を演じる。テレビドラマでもTBSの学園ドラマ『花より男子(だんご)』05・07に出演。それまで理想的な美少女のイメージが強かったが、本作では学校の中と外で裏表のある屈折したキャラクター・三条桜子に扮して幅を広げる。NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』07では、周囲の人気者で、ヒロイン(貫地谷しほり)の親友のつもりなのに実は劣等感を与え続ける存在という無神経にも見えかねない難しい役柄を嫌味なく演じ、同作の高い評価に貢献した。以降も熊切和嘉監督「青春☆金属バット」06、園子温監督「エクステ」07、中田秀夫監督「L change the WorLd」08、矢口史靖監督「ハッピーフライト」08、本木克英監督「鴨川ホルモー」09など話題作に次々出演。テレビドラマはほかに、TBS『タイヨウのうた』06、『砂時計』07、NHK『祝女』08~11、『遥かなる絆』09などがある。ジャンルを選ばず題材に合わせていくタイプと言えるが、限られた場面でも目を留めさせる可憐さは替えがたい個性だ。

キネマ旬報の記事

2006年臨時増刊 Kinezo 2006 #1

佐藤めぐみ インタビュー: