男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

熊井啓

  • Kei Kumai
  • 脚本/監督
本名
出身地 長野県南安曇郡豊科町
生年月日 1930/06/01
没年月日 2007/5/23

関連作を買う

関連作を買う

略歴

社会と人間を完全主義で描き続けた硬骨の作家。長野県生まれ。幼い頃から反骨心が強く、学校でもよく立たされる。県立松本中学では軍事教練でしごかれ、終戦を境にした教師たちの豹変を目の当たりにする。旧制松本高校(現・信州大学)在学中に映画の会を組織し、講演を頼んだ縁で関川秀雄の独立プロ作品に参加。1954年、製作再開の日活に入社、久松静児、田坂具隆などの助監督を務める。胸を病んで療養していた時期に脚本を書き始め、石原裕次郎、赤木圭一郎らの主演作を多く手掛けて実績を作る。64年、オリジナル脚本の「帝銀事件・死刑囚」が監督第1作。調査に時間をかけ予算も超過、異例のデビュー作となったが、最高裁で判決の出た事件を厳密な実証主義で再現して容疑者無罪の根拠を提示、注目を集める。しかし、より真実に迫るにはリアリズムとフィクションの融合が必要と感じ、第2作の「日本列島」(65)はアメリカ占領時に相次いで起きた怪事件を追う男の重厚なドラマとし、米情報機関の謀略の影に肉薄する。この後も日活に籍を置きながら数本の脚本を書くがどれも実現せず、三船・石原両プロ提携「黒部の太陽」の監督依頼を受ける。五社協定の圧力や批判を受けるも大規模なロケを敢行、黒四ダム建設秘話の大作を68年に完成。大成功させるが69年に日活を去り、退職金を投入して「地の群れ」(70)を撮る。様々な社会問題を複眼的な視点で描く野心作とした後、「忍ぶ川」(72)を東宝=俳優座提携、栗原小巻と加藤剛主演で監督。キネマ旬報ベスト・テン1位など多くの賞を受賞。73年の「朝やけの詩」を経て74年の「サンダカン八番娼館・望郷」でも再びキネ旬ベスト・テン1位。視点を次第に日本の外や歴史にも広げ、78年に安土桃山時代が舞台の初の時代劇「お吟さま」、80年に遣唐使の苦難を描いた戦後初の中国ロケ作品「天平の甍」を発表。戦後史検証の系列に戻った「日本の熱い日々/謀殺・下山事件」(81)の後、86年、「海と毒薬」で3度目のキネ旬ベスト・テン1位を獲得。以降も、人間の尊厳と格闘を厳しく捉えた骨太なドラマを作り続け、海外映画祭の常連となる。「お吟さま」に続いて利休の死に材を取った「千利休・本覺坊遺文」(89)でヴェネチア映画祭監督賞を受賞。人肉食事件を通して原罪を問う「ひかりごけ」(92)。インドにロケした信仰ドラマ「深い河」(95)ではモントリオール映画祭エクメニカル審査委員賞受賞。「愛する」(97)は日活の製作再開第1作。松本サリン事件を本格的に映画化した「日本の黒い夏-冤罪-」(01)でベルリン映画祭特別功労賞受賞。02年、黒澤プロの依頼で黒澤明の遺稿脚本を基に時代劇「海は見ていた」を監督、これが遺作となった。07年5月、クモ膜下出血のため死去。

キネマ旬報の記事

2007年8月下旬号

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:熊井啓全作品

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:熊井啓の仕事

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:熊井啓作品の名優たち

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:お別れの会ルポ

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:追悼インタビュー 木村威夫

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:追悼インタビュー 栗原小巻

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:追悼インタビュー 原一男

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:追悼インタビュー 奥田瑛二

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:追悼インタビュー 遠野凪子

特別企画 追悼 映画監督 熊井啓:熊井啓監督の本

2006年8月下旬号

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:映画監督に聞く 熊井啓

2006年4月下旬号

追悼 伊福部昭:寄稿

2002年6月上旬号

巻頭特集 「海は見ていた」:対談:熊井啓監督×木村威夫

2001年4月上旬特別号

作品特集 「日本の黒い夏[冤罪]」:熊井啓監督 インタビュー

作品特集 「日本の黒い夏[冤罪]」:巨匠熊井啓の軌跡

2001年1月上旬新年特別号

巻頭特集 2001年の映画、21世紀の人:「日本の黒い夏[冤罪]」熊井啓

1998年10月下旬秋の特別号

巻頭特集 追悼 黒澤明:黒澤監督の「・・・・・・そして」と「白痴」

1998年3月上旬号

巻頭特集 映画の用心棒 追悼:三船敏郎:生まれつきの素質を持った百年に一度の大スター

1997年9月下旬号

特集 愛する:熊井啓監督 インタビュー

1995年5月下旬号

特集 深い河:座談会 熊井啓×森永秀史×平千佳

特集 深い河:座談会 熊井啓×森永秀史×平千佳

1994年7月上旬特別号

創刊75周年特集〈前篇〉キネマ旬報の想い出:

1993年8月下旬上半期決算号

特集 1993年上半期・映画界の話題ベスト10:にっかつ倒産

1992年4月下旬号

特集 ひかりごけ:鼎談 熊井啓×木村威夫×松村禎三

1990年10月上旬号

特集 式部物語:熊井啓 インタビュー

特集 式部物語:シナリオ

1989年9月下旬号 創刊70周年記念特別号

特集 本覺坊遺文 千利休:熊井啓監督 インタビュー

1988年3月上旬号

追悼:宇野重吉

1987年9月上旬号

巻頭特集 哀悼・石原裕次郎:「裕次郎と私」PART1

1987年4月下旬号

フロント・ページ:

1987年2月下旬決算特別号

特別グラビア:日本映画監督賞 熊井啓

1986年10月下旬号

特集 海と毒薬:監督論

特集 海と毒薬:熊井啓監督 インタビュー

1986年9月上旬号

フロント・ページ:

1983年11月上旬号

特別企画 [黒澤明の全貌]によせて 第1回 私の黒澤映画:「生きる」

1982年1月下旬号

フロント・ページ:

1981年11月下旬号

特集 「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」:対談 熊井啓×佐藤忠男

1980年7月下旬号

特集 「桜-さくら-」:1 座談会 熊井啓×長塚杏子×佐々木なほ子 若い才能が集まって作った新しい愛の物語

1980年2月上旬号

特集 「天平の甍」:1 座談会 中国ロケによる壮大なスケールの青春ロマン 井上靖×熊井啓×姫田真左久×林美一×南俊子

1979年2月上旬号

中国での「サンダカン八番娼婦館・望郷」の反響:

1978年6月上旬号

「お吟さま」の時代と人々:

特集 「お吟さま」:スタッフ座談会 1 戦国時代を自由闊達に生きた人間像を求めて 依田義賢×熊井啓×松本常保×木村威夫×林美一×田山力哉

1977年5月上旬号

田中さんの思い出:

1976年8月上旬号

〈座談会〉 「大統領の陰謀」/ホワイト・ハウスを追いつめたジャーナリストの孤独な戦い:熊井啓×常磐新平×河原畑寧×早川龍雄×植草信和

1976年4月下旬号

グラビア:熊井啓監督「北の岬」

〈座談会〉 「北の岬」にこめた独立プロ映画のエネルギーと新しいイメージ:熊井啓監督「北の岬」浦岡敬一×太田六敏×加藤剛×金宇満司×木村威夫×佐藤正之

シナリオ:北の岬

1975年12月上旬号

グラビア:熊井啓の「北の岬」

1975年2月下旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:日本映画監督賞 熊井啓

1974年11月下旬号

〈スタッフ・ディスカッション〉 「サンダカン八番娼館望郷」にこめられたエネルギーの秘密:熊井啓×木村威夫×田中絹代×椎野英之×太田六敏

シナリオ:サンダカン八番娼館 望郷

1974年10月上旬号

グラビア:熊井啓監督 「サンダカン八番娼館 望郷」

「サンダカン八番娼館 望郷」の撮影にあたって:

1974年8月上旬号

グラビア:撮影に入った熊井啓監督の「サンダカン八番娼館」

1974年4月上旬号

〈巻頭ディスカッション〉 「民族の祭典〈総集篇〉」の映像スペクタクルが現代に語りかけるものは?:熊井啓×竹中労×虫明亜呂無×益子広司×矢田美喜雄×黒井和男×清水馨×白井佳夫

1973年12月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:終

1973年11月下旬号

〈特別ディスカッション〉 45周年を記念して僕らにとっての東和のイメージについて語ろう:双葉十三郎×熊井啓×小野耕世×黒井和男×白洲春正×清水馨×吉村信次郎×白井佳夫

1973年10月上旬秋の特別号

グラビア:熊井啓の「朝やけの詩」

顔と言葉:

熊井啓監督のオール・ロケ映画 「朝やけの詩」:

「朝やけの詩」にとり組む熊井啓・その人間像:

シナリオ:朝やけの詩

1973年9月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第17回

1973年8月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第16回

1973年8月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第15回

1973年7月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第14回

1973年7月上旬夏の特別号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第13回

1973年6月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第12回

1973年6月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第11回

1973年5月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第10回

1973年4月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第9回

1973年4月上旬春の特別号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第8回

1973年3月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第7回

1973年3月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第6回

1973年2月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第5回

1973年2月上旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:日本映画監督賞 熊井啓

ベスト・テン発表特別グラビア:脚本賞 熊井啓

1973年1月下旬正月特別号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第4回

1973年1月上旬新年特別号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第3回

1972年12月下旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第2回

1972年12月上旬号

映画「忍ぶ川」をめぐる総てについての記録:第1回

1972年11月上旬号

中国・新しい世界への旅:

1972年5月下旬号

特別グラビア:熊井啓の「忍ぶ川」完成!

顔と言葉:

シナリオ:忍ぶ川

1972年4月下旬号

特別グラビア:忍ぶ川/熊井啓

1972年3月上旬号

特別論文:中国・新しい世界映画への旅

1971年10月上旬秋の特別号

特別グラビア:熊井啓監督 「忍ぶ川」開始!

1971年1月上旬新年特別号

特別ディスカッション 「告白」のコスタ・ガブラスとプラハの春とスランスキー事件:河村康一×熊井啓×山田宏一×白井佳夫

1970年9月下旬号

特別ディスカッション 「どですかでん」黒沢明の新しい映像世界の秘密:黒沢明×熊井啓×佐藤忠男×松江陽一×山田宏一×白井佳夫

1970年6月下旬号

特別ディスカッション 「サテリコン」の映像スペクタクルを支えるフェリーニの眼は?:熊井啓×佐々木基一×筒井康隆×南博×福田定良×村田満男

1970年4月上旬春の特別号

座談会 「影の軍隊」とジャン・ピエール・メルビルとレジスタンスをめぐる映画的討論:岡本博×熊井啓×中田耕治×山田宏一×渡辺一民

1970年3月上旬号

特別誌上ティーチ・イン 「サンタ・ビットリアの秘密」を分析する:熊井啓×岡本喜八×池波正太郎×菊村到×横山隆一

1969年10月下旬号

熊井啓作品「地の群れ」特集:

1969年9月上旬号

特別グラビア:「地の群れ」の熊井啓組

シナリオ:地の群れ

1969年1月下旬正月特別号

顔と言葉:

1968年5月上旬号

日本の映画監督5人の誌上ティーチ・イン 「ベトナムから遠く離れて」:さらに遠い日本映画界の現実

1968年3月上旬号

作家と批評家:7 日本人を描くことの困難 熊井啓×福田定良

1968年1月上旬正月特別号

特別グラビア:恵まれたお天気

1968年1月上旬新年特別号

シナリオ:黒部の太陽(1・2部)

1967年12月下旬号

特別グラビア:「黒部の太陽」の熊井啓組

1967年4月上旬春の特別号

特集 時代を担う青年監督たち :青年監督30人の作家歴とその主張 付・監督論

1967年3月上旬号

特集批評 「アルジェの戦い」 その映像の魔力:作品を貫く革新のエネルギー

1967年1月上旬新年特別号

特別グラビア '67年-27の顔と言葉:熊井啓

1966年11月上旬号

特集 日本の若もの映画:このカビくさい若ものたち

旬報試写室:オスカー

1966年3月下旬号

特別座談会 世界前衛映画祭をどう受けとめるか:大島渚×熊井啓×恩地日出夫×吉田喜重 ゲスト・柴田駿

1966年2月上旬決算特別号

1965年度ベスト・テン特別グラフィック 旬報賞に輝く人々:脚本賞 熊井啓

受賞の喜びを語る:

1966年1月下旬正月号

巻頭グラビア 40人の評論家が期待する66年の顔:熊井啓

1965年9月上旬号

フェリーニの「8 1/2」特集批評:仮面のなかの孤独と苦悩

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1965年5月下旬号

熊井啓の第2作「日本列島」:政治映画への突破口

熊井啓の第2作「日本列島」:戦後歴史の検証人・熊井啓

1965年3月上旬号

シナリオ:日本列島

1964年11月上旬号

特別座談会 新人監督と日本映画の条件:河辺和夫×熊井啓×佐藤純弥×前田陽一×和田嘉訓

1964年3月下旬号

次回作:「帝銀事件・死刑囚」

1957年6月上旬号

旬報論壇:黒沢明論