男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

深水三章

  • Sansho Shinsui
  • 出演
本名
出身地 熊本県
生年月日 1947/05/05
没年月日 2017年12月30日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

熊本県の生まれ。幼少の頃から兵庫県宝塚市、大阪府大阪市、神奈川県横浜市と転居を重ねる。お茶の水美術学園でデザインを学んだのち演劇の道に進み、4歳上の実兄・深水龍作が参加していた東由多加主宰のミュージカル劇団“東京キッドブラザーズ”に参加する。1975年、同劇団を退団し、ロック・ミュージカル劇団“ミスタースリムカンパニー”を旗揚げ。自作自演の舞台『MR.SLIM』をはじめ、『郡山ワンステップ・フェスティバル』などで旗揚げ当初から注目を集める。78年には兄・龍作が作・演出兼俳優として合流し、以後、ミスタースリムカンパニーは三章の離脱後も龍作が主宰として現在まで活動を続けている。78年、龍作が脚本を手がけた曽根中生監督「女高生・天使のはらわた」で映画初出演。無軌道の限りを尽くす生活の中で、唯一の肉親である妹を守るために葛藤する難役をこなし、これ以降、映像での活動が次第に増えていく。藤田敏八監督「十八歳、海へ」79を経て、81年の今村昌平監督「ええじゃないか」に出演。ミスタースリムカンパニーの俳優たちが多く参加した本作をきっかけに、以後、「楢山節考」83、「黒い雨」89など今村組の常連俳優となる。今村作品以外でも、現代劇から時代劇まで幅広く演じ分けるオールラウンドプレイヤーとして個性を発揮。97年の小林政広監督「CLOSING TIME」では、強盗に妻子を殺害され酒浸りの日々を過ごす脚本家の役で、映画初主演もつとめた。テレビドラマも、NHK『阿修羅のごとく』に出演した79年頃から頻繁に作品を重ねるようになり、NHK『独眼流政宗』87、『おんなは度胸』92、TBS『キツイ奴ら』88、日本テレビ『ハルモニア・この愛の涯て』98、『蘇える金狼』『隣人は密かに笑う』99、フジテレビ『ピュア』96、『いつもふたりで』03などのほか、ゲスト出演のものも含めると膨大な数の作品でバイプレイヤーとして活躍している。80年、女優の萩尾みどりと結婚、一男一女をもうけるが、94年に離婚した。

キネマ旬報の記事