男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

根岸吉太郎

  • Kichitaro Negishi
  • 監督/出演/脚本/製作
本名
出身地 東京都
生年月日 1950/08/24
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【堅実な演出手腕とクールなタッチが光る最後の撮影所世代】東京都の生まれ。1974年、早稲田大学第一文学部を卒業後、日活に入社。藤田敏八、曾根中生に師事し、78年に日活ロマンポルノ「オリオンの殺意より・情事の方程式」で、27歳という若さで監督デビューを果たす。以後、ポルノ作品をコンスタントに手がけ、撮影所で鍛えられた堅実な演出手腕が評価されていった。81年の「狂った果実」がロマンポルノにおける代表作。続いてATG配給の「遠雷」で一般映画にも進出し、地方都市で暮らす若者たちの情熱と倦怠を乾いたタッチで描いた本作で、根岸は芸術選奨新人賞を受賞するなど一躍脚光を浴びた。翌82年には再びロマンポルノに戻って「キャバレー日記」を発表。これも青春期の終わりを綴った佳作となったが、結局この作品を最後に日活を離れ、長谷川和彦を中心に若手監督の製作集団として旗揚げされたディレクターズ・カンパニーの設立に参加する。以降はハートウォーミングな青春コメディ「俺っちのウエディング」(83)、薬師丸ひろ子・松田優作主演の角川映画「探偵物語」(83)、渡辺淳一原作のメロドラマ「ひとひらの雪」(85)、森田芳光脚本による離婚家庭のホームドラマ「ウホッホ探険隊」(86)、中途半端な男の倦怠感をクールに描いた青春映画「永遠の1/2」(87)と、メジャー作品を手がける中堅監督としての地位を確実にしていった。【不遇の時代を抜けて見事復活】しかし、80年代の終わり頃から根岸を取り巻く環境に変化が訪れる。ひとつは期待された「ウホッホ探険隊」が予想外に興行的に不振だったことによる演出オファーの激減。もうひとつは根岸にとっても重要な製作拠点だったディレカンの経営危機から倒産へと至る騒動であった。会社存続のために最後まで尽力した根岸は、それゆえに自身の演出機会を失い、5年の空白期間を経て手がけた新作「課長・島耕作」は、皮肉にもディレカンが倒産した92年にようやく監督の機会が訪れた作品だった。その後も根岸は寡作家となり、翌93年の中編「乳房」のあとは再び5年空いてサスペンス大作の「絆」(98)、さらに6年後に「透光の樹」(04)というゆっくりしたペースで作品を発表していった。そんな根岸が本格的に復調を果たしたのは、2005年に製作した「雪に願うこと」が東京国際映画祭でグランプリ、監督賞など史上初の4冠に輝き、翌06年に劇場公開されると評論家からも高い評価を受けたことからだった。07年の「サイドカーに犬」も好評を博し、80年代に一世を風靡しながら不遇の90年代を送った根岸は、ようやく充実した円熟期を迎えようとしている。

キネマ旬報の記事

2011年4月上旬号

特別対談「息もできない」は根岸監督の作品にインスパイアされて生まれた!:ヤン・イクチュン×根岸吉太郎

2011年3月下旬号

哀悼 池田敏春監督:長谷川和彦、根岸吉太郎のことば

2010年4月上旬号

DVDがおもしろい!:INTERVIEW 「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」DVD化記念インタビュー 根岸吉太郎監督

2009年10月下旬号

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」:根岸吉太郎監督インタビュー

2009年10月上旬号

「プロデューサー」「監督」「シナリオ」「撮影」4協会座談会 日本映画界のパラダイムチェンジは何を壊し、何を生み出すのか:日本映画プロデューサー協会 副会長・坂上順×日本映画監督協会 常務理事・根岸吉太郎×日本シナリオ作家協会 常務理事・荒井晴彦×日本映画撮影監督協会 理事・清水良雄

2009年1月上旬新春号

巻頭特集 日本映画 Stand Up!:新作現場ルポ 根岸吉太郎監督作「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」

2007年7月上旬号

作品特集 「サイドカーに犬」:根岸吉太郎[監督] インタビュー

2007年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:監督賞 根岸吉太郎

2006年6月上旬号

作品特集 「雪に願うこと」:根岸吉太郎監督 インタビュー

2004年11月上旬特別号

特集 「透光の樹」:根岸吉太郎監督 インタビュー

2004年5月下旬号

スペシャル対談 あなただから話そう:竹下昌男×根岸吉太郎(「ジャンプ」)

1998年5月下旬号

特集 絆:根岸吉太郎監督 インタビュー

1992年10月下旬号

日本の映画監督:37 根岸吉太郎

1990年5月下旬号

シンポジウム:ディレクターズ・カンパニーの監督たち 長谷川和彦 相米慎二 根岸吉太郎 大久保賢一

1987年11月下旬号

永遠の1/2:監督 インタビュー

1986年11月下旬号

根岸吉太郎監督 インタビュー:

1985年9月下旬号

特集 ひとひらの雪 根岸吉太郎監督作品:監督インタビュー

1983年7月下旬号

特集 探偵物語 根岸吉太郎監督作品:根岸吉太郎×岡田裕

特集 探偵物語 根岸吉太郎監督作品:薬師丸ひろ子 インタビュー

1982年12月下旬号

ディレクターズ・カンパニー研究:座談会 長谷川和彦×根岸吉太郎×高橋伴明×宮坂進

1982年7月上旬号

根岸吉太郎監督論:

1982年3月下旬号

特別企画 80年代日本映画界をになう若手監督アンケート:PART1 アンケートに答える